FC2ブログ

RSS|archives|admin

Netwalker改造

2013.01.23 Wed

今回は三年ほど前に頂いたPDA端末、Netwalker PC-Z1を快適に利用出来るように改造した際のメモです。
「Netwalkerとか化石」とまで言われるこの端末ですが、Ubuntuシステムレベルで変更する事でかなり快適に利用する事が出来ます。ガジェットブログ的に言うなれば、Android2.3 GBからAndroid4.0 ICSほどにはレベルアップしていると感じられます。
今回の記事執筆に際して「Kapperのホームページ」様等のKapperさんの記事を参考にさせて頂きました。本当にありがとうございます。
なお、今回の記事全体におきまして起きた全ての事に関して私橘和板は責任を取りません。全て自己責任で行ってください。

・開始前に
開始前に記述しておきますと、今回は自分にとって二度目のシステム改造です。
一度快適に利用していたのですが、OCカーネル焼き込みの際に失敗したようで起動出来なくなりました。
なので一度リカバリSDで初期化した状態から始めたいと思います。

まず一番最初にリカバリSDを作成しておく事を強くお勧めします。どんな状態になっても最初からやり直せます。

Netwalker上でのリカバリディスク作成
http://www.sharp.co.jp/support/mit/doc/install.html
仮想PC上でのリカバリディスク作成
http://ameblo.jp/yamjp/entry-10693037658.html
(仮想PC上での手順において私自身は検証しておりませんのでご注意ください。)

それと、今回行う前にこちらのコマンドをTerminalから動かしておきましょう。
いくつかの点においてこちらを適用していなければ使えない事があります。
Terminalの起動はアプリケーション→インターネット→端末です。

$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude safe-upgrade

通常のJaunty(Ubuntu0.04)をアップデートする事で、それなりに快適にちょっとした改造が出来るようになります。

NetwalkerのTerminalを起動すると、基本的にはアカウントのホームフォルダに居ますが、Kapperさんを初めとしたUbuntu等のLinuxブロガーの皆さんは絶対パスでファイル位置を書いておいでです。
もし何か作業する際、「そんな名前のファイル・フォルダは無いよ!」と怒られた場合は、

$ cd ..

を繰り返して、上の階層に移動してからもう一度試してみてください。



・Ubuntuのバージョンについて
NetwalkerにプリインストールされているのはUbuntu9.04のSHARPカスタムです。
記事執筆現在Ubuntuの最新バージョンは12.10であり、お世辞にも新しいとは言えません。一体どのバージョンが最適なのか、前述しましたKapperさんにTwitter上でお聞きした所、安定性の面から9.04が最適という回答を頂きましたので、今回も9.04を利用していきます。
Kapperさんのツイート→https://twitter.com/kapper1224/status/290328581907812352

・自動起動アプレットを減らす
さて、始めていきたいと思います。
どうにかOCカーネルを使おうと思い探ったのですが、自分の環境では起動出来ませんでしたので簡単な所で終わっておきたいと思います。
参考:http://kapper1224.sakura.ne.jp/PALM20.html#No23

こちらはチェックボックスを外すだけなので楽ちんですね。

・WindowManagerを変更する
Netwalkerの標準として利用されているWindowManager(以下WM)はMetacityと呼ばれる物ですが、実はこれは比較的重い部類に入るWMです。
こいつを軽い物に変更してやる訳ですが、Gnome環境が惜しくなければ色々な選択肢が存在します。
自分は諸事情によりGnome環境を残しておきますので、WMだけをOpenboxという物に変更します。
参考:http://kapper1224.sakura.ne.jp/PALM20.html#No24

$ sudo aptitude install openbox

自動起動にてOpenboxを設定しておけば、私の環境では立ち上がりました。
Metacityに比べればサクサク感はまったく違いますし、十分体感できる領域だと思います。
軽さだけで言えばFVWMというWMの方が軽快なのですが、
参考:http://kapper1224.sakura.ne.jp/PALM20.html#No81
その代わり機能が極限まで削られておりまして、WindowsのGUI操作に慣れきった自分にはかなりとっつきにくく、断念(;・∀・)Openboxだけでも十分軽いですし。

・不要常駐デーモンを停止する
Linuxでは定番とされている不要常駐デーモン停止は勿論Netwalkerにおいても有効です。
「CUI上でGUIを操作」という違和感のある言葉を目の当たりにしましょう!
参考:http://kapper1224.sakura.ne.jp/PALM20.html#No20

自分でもあまり理解していていないのですが、当該デーモンにカーソルを合わせて「-」を押せば停止している…はずです。恐らく。

 

以上、とりあえずここまで。

・まとめ
筆者は紹介した方法+Firefox向けの高速化を行う事で、もっさり化石から脱却して快適にNetwalkerを利用しています。
今まで三年近く利用してきましたが、まだまだ戦える端末だと感じる事が出来ました。

 

・おまけ
色々と検証の為にインターネットを彷徨っていたらこんな記事が。
http://hitaki.net/diary/20090928.html

気になる所を上げるならば、NAND FlashがSamsung製という所。
今Galaxyシリーズで世界を風靡しているSamsungのSSDを2009年発売のこの端末が搭載しているというこの事実に、少々心ときめきました。
ACアダプタもSHARP製EA-UM1Vと、WILLCOM D4と同型。
こんな事を見ていると、モバイラーの皆さんにはほんのり親しみの持てる端末なのかもしれませんね。



関連するタグ Ubuntu PC-Z1
Category:ガジェット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

遅ればせながらKindleポチった

2012.12.03 Mon
ガジェット好きの諸兄からかなり遅れてはいるが、Kindle Paperwhite 3Gをポチった。

Kindle Paperwhite 3G - ライト内蔵の電子書籍リーダー

以前のエントリにてご紹介したように、日本にKindleが上陸してはや一ヶ月。
自分の周囲でも活用している方々が増える中、最近スペースの関係で書籍を買う事が億劫になっていた自分も手を出す事にした次第。

ただ、到着予定日が1月6日であるのはちょっと…(;^ω^)


関連するタグ Kindle Amazon
Category:ガジェット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ついに日本にもKindleが上陸

2012.10.24 Wed
TwitterのTLにて騒がれていたので、誰からの情報という訳では無いのですが。

長い間権利問題などで発売されなかったKindleが日本に上陸した。
GIGAZINEさんの記事を最初に見たのでご紹介したいまでに。

Kindle FireとKindle Paperwhiteの日本国内からの予約受付スタート - GIGAZINE

一覧を見て最初に思ったのが、「安い」という事。
一番安いモデルで8480円。今まで輸入版ばかり見ていたせいで安く感じるのかもしれないけれど、そうでなくても安く感じる。
今回紹介された中でハイエンドのKindle Fire HDでも15800円と、GoogleのNexus7の19800円より安価な価格設定になっている。

自分が気になっているのは「Kindle Paperwhite 3G」。
日本国内のみながら3G接続が無料で、Wifi版と比べて約4000円ほど価格が上がるけれど、利便性が格段に上がる事は最近の行動にて実感しているだけに、物凄く気になる。
(最近の行動については次のエントリにて(;・∀・))


・まとめ
2012年10月は、タブレット界隈において大きな転換期となる月になった。
Apple社のiPad 4th、AmazonのKindle Fire、そしてGoogleのNexus7。
今月の29日にはGoogleの発表会が予定されており、Nexus10なるタブレットも発表されるとか。
iOSやAndroid搭載機は自分に取っては高価で手が出しにくいだけに、今回のKindleは非常に惹かれる物がある。
どうしようかな…


関連するタグ Kindle Amazon
Category:ガジェット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

iPod touch 5th

2012.10.11 Thu
当初10月30日に発売されるという情報が流れていたiPod touch 5thが、各AppleStoreで発売されたのが昨日の話。
購入レビューとしてはガジェットショットさんの記事が詳しいのでご紹介までに。

88gの超軽量iPod touch 5th購入レビュー

SIMフリーのiPhone4sを持つ自分としてはそこまで欲しいとは思えないのだけど、母が使っているiPod classicが既にスクロールホイールの感度がかなり落ちてきているので、買い換えたいと思っているらしい。
iPod classicは2007年に発売されて以降、大型ストレージを持っているので一部のマニアックな人に人気…だと思っている。
僅かな価格改定はあるにしろ、大幅なモデルチェンジも行われないのでちょっと不憫な存在である(;・∀・)。

iPod classic は販売継続、2万900円 - Engadget Japanese

とりあえず母としては5thから増えたカラーバリエーションを確認したいらしく、実機を見てみないととは言っている。
CPUチップはiPhone4sに搭載されたA5、解像度はiPhone5と同じ1136×640の4インチディスプレイ。
二年ぶりにバージョンアップされたiPod touchはスペック的に見れば十分な出来になっていると思うし、iPhone5の劣化版という線は脱却したかなと。

あまり比較する物ではないけど、iPod classicと比較すればバッテリー時間は少し延びた上に重量は約1/2。
スペック数値的に言えばストレージ以外は全て上昇しているという素晴らしい結果となった。



関連するタグ Apple iOS iPodtouch iPod
Category:ガジェット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |