RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Optimus it L-05Dを二日使ってみて

2012.08.28 Tue
@AppComing 様よりお借りしているOptimus itを一日中持ち歩いて二日経ちました。
その時気になったことをほんの少しだけまとめておきたいと思います。


・端末の外観
サイズ的には高さ約124mm、幅約62mmと少し細長いものの、他の端末と比べるとそこまで大きい端末ではなく、持った感じはむしろ小さいと思えてしまうのがこの機種です。
ですがその中で珍しい点は、「電源ボタンが本体上部にある」点です。
スマートフォンの物理キーと言えば電源ボタン、ボリュームボタンの二つ。後はAndroid4.0(ICS)系統では物理キーでは無くなってきているホームボタン、戻るボタン、メニューボタンと言った所でしょうか。
電源ボタンにボリュームボタンはスマートフォンの操作には欠かせない物で、押しやすい所にあるかどうかだけで操作性が格段に変わります。
さて、それで今回のOptimus itですが、上記の通り電源ボタンが本体上部、ボリュームボタンが本体左側面、物理キーでは無いですがホームボタン等が本体正面下部にあります。
これが実に押しにくい。
電源ボタンを押そうとすると手の大きい(と自覚している)自分でも少し手をずらさなければ電源ボタンを押せないのが難点です。
Xi端末なので電池消費を抑えようと、スリープモードへの移行時間を短めにしているとよく押す事になる電源ボタン。
それ故に押しにくい所にあると操作性がガクッと落ちているのではないかと思います。
AppleのiPhoneもボタンの配置が似通っているのですが、iOS内でボリュームを変更する事がとても簡単にできるようになっていて、ボリュームボタンはほとんど押さない為にそこまでの苦労を感じません(サイズも小さいですし)。
この点はマイナスでは無いかな・・・と。
デザインは良いと思えるだけに、少々残念です。



・ワンタッチメモ
同時に発売されたOptimus Vuには物理キーが存在しており、まさにVu用に用意された機能であると想像できる「ワンタッチメモ」機能が、中々素晴らしいです。
スタイラスがあり、3:4の5インチの画面だととても便利であろうワンタッチメモ機能ですが、itでも十分に魅力的な機能になっています。
通知バーから開く事も出来るので、どんな画面もスクリーンショットから編集せずともそのまま編集出来てとても便利です(クイック設定と呼ばれるそうです)。
通知バーの一番右に「編集」ボタンがありますので、そこから自由にトグルを編集できます。

折角なのでワンタッチメモにて(・∀・)

各項目はドラッグ&ドロップで変更可能ですし、右上のボタンを押すと他の項目を呼び出す事も出来ます。
(最大一覧表示数は編集ボタン+4で、それ以上になると左右ドラッグで開く事になります。
この機能は本当に便利ですね。今までGALAXYNEXUSでは標準ウィジェットである「電源管理ウィジェット」を利用していたのですが、ほぼ同じ事をどこでも開ける通知バーであるのはとても便利ですね。
ワンタッチメモもありますし、クイック設定はとても良いものではないかと思います。


・Google謹製アプリ
AndroidはGoogleが開発したオープンソースOSなので当然Google謹製アプリがダウンロードされているのは当たり前の話なのですが、何故か二段階に分けられていました。

残念ながらスクリーンショットを忘れてしまったので、一覧の画像にて。

右上にキラキラが付いているのが追加でダウンロードされたアプリで、付いていないのがプリインストールアプリです。
初期設定の段階でダウンロードを促されたので、もうプリインストールアプリにしてしまえば、と思うんですが・・・何か大人の事情か何かでしょか?
まぁ、軽量化の選択の余地があるというだけ良い事なんでしょうが・・・普通は初期設定は基本的に「はい」や「同意」を連打してしまう人間なので、あまり変化は無いかなぁと(;・∀・)
(そもそもPlayストアはいいとして、マップやGmailはそれなりに重要度の高いアプリなのでプリインストールにしてもいいんじゃないだろうか)


・画面の感覚
唐突ですが、皆様はホーム画面を横スクロールする時どう指を動かしていますか?
皆さんはこんな感じではないでしょうか?

ワンタッチメモ機能が楽しくなってしまってよく使っている(;・∀・)
このように、横に平行に流している方が多いとは思う。
だが、私whyとしては、是非ともこちらを推したい。

その昔女子スマホとしてPanasonicから発売されたP-07Cのタッチスピードセレクターが実に素晴らしいと個人的には思っていたのですが、話題にあがるようなスマートフォンには搭載される事は無く・・・少し残念です。

そんな操作をいつもGALAXYNEXUSでしている自分ですが、たまに。すごーくたまにひっかかってページが送れない事があります。
ですがこのOptimus itなら、そんな事は無くしっかりめくれてくれます。
GALAXYシリーズはつっかかりが無いディスプレイという事でそれなりに有名ですが、少し古い端末故見劣りしてしまうのでしょうか?
残念ながらS3はまだ触った事がなく、比較する事が出来ないのですが本当にスマートフォンの進化は早いです(;・∀・)


・まとめ
二日間使ってみましたが、とてもいい端末だと言えます。
まだ記事になるほどまとまってない検証もやっていますが、少しヘビーユーザーには辛いのかな、という印象です。
ですが、普通に使う分には十分に性能を発揮してくれると思いますし、まさにdocomoのwithシリーズといった所でしょうか。
まだ貸出期間がありますので、これからいくつかやっていきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト


関連するタグ Android docomo Optimusit LG電子 AppComing
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<固定回線について迷うの巻 | HOME | docomoのMyインフォメールの送信先の仕様が変更に>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://whygadget.blog.fc2.com/tb.php/17-659b9276

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。