FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

すのこタン×プロ生ちゃんコラボイベントに行ってきた!

2013.06.30 Sun

以前のエントリでお知らせしていたコラボイベントに参加してきたので、今回はそのレポートを行いたいと思う。

(こういった記事においては写真が大半になるはずなのだが、今回カメラであるLumia920の充電を忘れてしまった為、そこまで写真が撮れなかった事をここに謝罪したい(;・∀・)。プロ生公式ページには美麗な写真が多く掲載されるハズなので、そちらも併せてご覧頂くとありがたい…。)

昼の13時頃に現地に到着。友人( @d77c420d )が合流するかも?という話だったので、オリオスペックさんの前で待っていた。


WP_20130629_002 (2)
オリオスペックさんの看板には、今回のチラシが貼られていて、イベント開催を宣伝していた。

その後合流できたので、そのまま店内へ。
ここで初めて @jz5 さんや @daruyanagi さん、 @daisuke_nomura さん等と挨拶。店内を見て回りながらも、お腹減った勢でご飯へ…という事で出かけたけど結局どこも混んでいて食事はできなかった(;´∀`)。

そして店内に戻ると…多くのお客さんが!
(この様子は、AKIBA PC Hotlineさんが写真を撮っていたようなので紹介されて頂く。)
まさか一番のりしておきながらここまで出遅れるとは思わなかったが、席を外していたので仕方がない。という訳で先に商品を購入する事にした。

2013-06-29 15.04.21

2013-06-29 15.04.35

特設スペースの写真をパシャリ。
上写真の左に積んであるのが今回のコラボ商品であり、その横のマグカップはプロ生ちゃんグッズの一つである。
下写真は下段にあたり、すのこタンの過去商品が陳列されていた。
(僕個人としては噂の「人向けすのこタン」が気になっていたけど、流石に受注生産品という事で陳列されては居なかった(;・∀・)…)

2013-06-29 15.36.07

また、会場にはすのこタンとあるみさんの公式コスプレイヤー小山姉妹もいらっしゃってました。サイン会中にはそのお手伝いをされていたり、サイン会終了後にはお二人が踊ったり、写真撮影会が行われたりと、お二人のおかげでとても場が盛り上がっていたように思えます。所で本日はプロ生ちゃん公式(?)コスプレイヤーの方はいらっしゃいませんでしたね?w
(あるみお姉さんこと小山紗季さんのブログはこちら
(私信:動画、私の方で撮ってありますので、個人的にnikoniko.whyあっとgmailどっとこむに連絡を頂ければ…げふんげふん)

イベント最中の事はとりあえずここまでとして、ここからは製品開封レビューをお届けしたい。

WP_20130629_005
WP_20130629_007

今回の戦利品一覧!
コラボアイテムは後ほど詳しく紹介するとして、それ以外のアイテムを簡単にご紹介。

・プロ生ちゃんマグカップ(緑)
・プロ生ちゃんタオル
・プロ生ちゃんステッカー
・すのこタン×プロ生ちゃん団扇
・サイン色紙(whywaitaの記名入り!)

購入したのはコラボアイテムと上記の二品。後者はどちらもプロ生ちゃんこと暮井慧をあしらったマグカップで、今回以外でも6/21から販売されている商品だ。
プロ生ちゃんステッカーは以前から頒布している物で、サイン色紙にはすのこタンと、プロ生ちゃんイラストレーター両名のサインと、記名をしていただいた物で、とても貴重である。
(記名無し版のサインが何枚か余っていたが…はてさてどうなるのやら(・∀・)。)
団扇は今回のコラボイラストを用いた団扇。団扇が欲しくなるこの時期にはありがたい話だ。

WP_20130629_008WP_20130629_009

という訳で今回の目玉、すのこタン×プロ生ちゃんコラボアイテム、「すのこタン。13inch プロ生ちゃん ver.」をご紹介。

WP_20130629_011

開封してみた所。
今回のすのこタンには2バージョン、「白引きあり」「白引きなし」が販売されており、筆者が入手したのは白引き無しの方。背景がすのこタン本来の色合いであり、プロ生ちゃんの色合いが少し抑えめになっている。

WP_20130629_012

また、今回のコラボイラストのポストカードも付属していた。この辺の心遣いがとても嬉しい。

そして、今回のすのこタンを筆者のMBA(2012 Mid 13inch)に載せると…

 

 

WP_20130629_013

お?

WP_20130629_014 (1)

WP_20130629_015 (1)

おお!

 

WP_20130629_016 (1)

おおー!

という訳で、完全にピッタリであった。
個人的には少し余裕が欲しかったか…?とも思ったが、机の上に置いてみると、MBAギリギリのスペースで配置していたにも関わらず問題無く配置でき、このサイズは「丁度良い」サイズだったと言える。
排熱に関しても、机にそのまま熱風を打ち付けていた現状から思えばかなり改善されているのではないか?と感じている。

・まとめ
という訳で、簡単にではあるが今回のイベントのレポートを纏めさせて頂いた。
今回初めてお会いするばかりで最初は緊張していたが、皆さんとても良い方ばかりで本当に良かったと感じている。
今回のイベントの運営に関わった全ての方々に、感謝を送りたい。



スポンサーサイト
関連するタグ プロ生ちゃん すのこタン。
Category:ガジェット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

すのこタン&プロ生ちゃんコラボイベント開催!イベント限定商品も

2013.06.23 Sun

pronamasunoko

こんにちは、whyです。
今回はいつもお世話になっている@jz5 が代表を務める「プロ生」イベントについて頼まれもしないのに記事にしたいと思います。

今回行われるのは、アルミニウム製のPC冷却用パーツ、「すのこタン。」とのコラボイベント。
昨今頻繁に行われている「萌え化」商品の一つに分類されるが、そのクオリティは十分に高い。アルミニウム純度99%以上の熱伝導率の高い素材を使っており、冷却率はとても高い。
また、ラインアップも多く、その名の通り「すのこタン。」だけでなく、PS3専用やA4サイズ、マウスパッドにチタン製iPhoneカバー、「メガすのこタン。」なる人間用まで用意されているというから驚きである。
参考:すのこタン。アルミニウム冷却台 製品ラインアップ

今回のイベントは「ニコニコ超会議2」内で行われた、「プロ生勉強会@超会議2」にてその存在が発表されたすのこタン。とのコラボイベント。
まだ製品の詳しい姿は制作中とのことだが、是非とも期待したい。

来店者にはすのこタン。&プロ生ちゃんのポスターとうちわ、またすのこタンイラストレーターの三ツ雪柚菜先生のサイン会も実施されるとの事。
すのこタン。 13inch プロ生ちゃん ver.もこの会場にて限定販売が行われるとのなので、欲しい人は必ずイベントに参加して入手すべし。

・まとめ
ちなみに筆者もイベントには参加予定。
ただ、他の予定が昼に入ってしまっているので、できれば参加できたら良いなぁ、というぐらいの期待になっている(;・∀・)



関連するタグ プロ生ちゃん すのこタン。
Category:ガジェット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

進化したスマートフォン Optimus it L-05E 前作との比較

2013.06.23 Sun

こんにちは、whyです。
今回は「AppComing」様よりお借りしているOptimus it L-05Eを、前作Optimus it
L-05Dをモニターレビューされていただいた際に気になった点、そして感じた進化について記事を書かせて頂きます。
今回お借りしたのは評価機であり、製品版とは一部仕様が異なる場合がございます。

・安っぽさの脱却、所持欲が満たされる端末へ
前回の記事にも書いた事ではありますが、前作と比べて確実に安っぽさが無くなっています。前回は背面がただのプラスチックであり、ツルツルとした手触りが安っぽさをどうしても醸し出してしまっていましたが、今回はマットな質感へと変更されており、持った感覚がとても気持ちいいです。
前面下部のAndroidシステムボタンも、同じ静電気式なものの、プラスチックに印刷されただけであった前作から、でこぼことした窪みの背景に光沢のある銀色のボタンが配置されており、高級感すら抱かせるデザインとなっております。
また背面カバーも脱安っぽさの影響でスタイリッシュになっており、カバーを開けた時の事も考えれており、妥協を感じません。

・使い心地の良いトグル、最新機能も

Screenshot_2013-06-23-00-19-41

トグルにも進化を感じる事が出来ます。
Optimus G Pro L-04Eより搭載されている「Qスライド」もしっかり搭載されており、トグルから一発で起動する事が可能なので、それ以前に何をしていても起動する事が出来ます。
また最下部では明度の変更も可能となっており、トグルから画面の明るさの変更が可能です。
最上部は各種設定のON/OFFが変更でき、更には項目の編集も可能になっているので、よくON/OFFを変更する項目だけを表示させる事も可能です。

Screenshot_2013-06-23-00-35-10

Screenshot_2013-06-23-00-35-15

最上部はこれだけ多くの項目が使える事になっており、気になる機能は何でも変更可能、という印象を受けます。
「Wi-Fi」「Bluetooth」「テザリング」と言ったお馴染みの機能から、「Qスライド」「Qメモ」
等の独自機能、「Miracast」「スマートスクリーン」等の最新技術まで追加できるようになっており、痒いところに手が届くラインナップになっていいるのではないでしょうか?

・増えた「全部入り」、世界基準規格を多く搭載
前作Optimus it L-05Dも「全部入り」スマートフォンとして発売されましたが、あれからまた時代は進化し、同じ「全部入り」スマートフォンであるL-05Eでも多くのハードウェア進化を遂げています。
L-05Dでも対応していた「ワンセグ」に加え、新たに「NOTTV」にも対応。L-05D時代には少なかったコンテンツも、どんどん充実していっています。
また、おサイフケータイも進化。前作はFelicaを用いた決済のみに対応していた所を、今作ではNFCの決済にも対応しており、海外旅行へ行った時でも十分に使える端末になっています。
「おくだけ充電」にも対応しました。国際規格Qiに準拠したワイヤレス充電を実現しています。docomoからは「ワイヤレスチャージャー01」「ワイヤレスチャージャー02」が発売している他、6/27から「ワイヤレスチャージャー03」が発売されています。その他Qiに準拠した充電器ならどの製品でも使用可能であり、例えばmaxellから発売されている二台同時充電が可能な「WP-PD10.BK」でも充電する事が出来ます。
その他にも「ドコモドライブネット」「スマートフォンあんしん遠隔サポート」等、diocomoから提供されている最新サービスにも対応しています。
正に、最新の「全部入り」スマートフォンです。

・スペックも勿論進化、ミドルレンジからハイエンドに
スマートフォンのスペックは日進月歩、当然前作よりスペックは向上しています。
前作はdocomoのwithシリーズに位置づけされており、当時のスペックにはして少々落とした「ミドルレンジ」と呼ばれる部類でした。
今回は夏モデルの「ツートップ」には入っていないものの、そのスペックは十二分に「ハイエンド」と呼ばれるスペックを持っており、操作はとても快適になっています。
YouTubeアプリを立ち上げて動画を見ているだけで動作がカクつく事もなく、現状動作に関しては全く問題を感じていません。

・まとめ
前回はシステム面についてレビューすると言いましたが、AppComing様の特集記事に「進化も含めたレビューに期待している」という言葉を見て、このような形でお送りさせて頂きました。
私が感動したのは、Qiを用いたおくだけ充電に対応した事。
前作のキャップレスにはとても感動しましたが、水に濡らした後、拭き取っただけでは端子部に水が残っており、自然乾燥するまで端子にmicroUSBケーブルを刺す事は出来ませんでした。ですが、おくだけ充電に対応した事により、端子部を使う事無く充電出来るのでそんな心配も無くなった事が私の中で最も素晴らしいと感じました。



関連するタグ Android docomo LG電子 AppComing L-05E Optimusit
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

発売間近!Optimus it L-05E フォトレビュー

2013.06.21 Fri

L05Ehako2

今回、AppComing(@AppComing )様のご厚意でOptimus it (L-05E)の評価機を貸して頂きましたので、発売間近のフォトレビューをお送りしたいと思います。
今回お借りしたのは評価機であり、製品版とは一部仕様が異なる場合がございます。

 

L05Ehako4

まず感じるのが、化粧箱の小ささ。
Lumia920(130.3×70.8×10.7 mm)の一回り大きいぐらいのサイズで、本当にコンパクトです。少し前の端末ではそんな事はなかったと記憶していますが…コンパクトな端末を意識しての事かもしれませんが、実に良いです。

 

L05Ehako3

横に箱を開けると、端末が早速お目見えです。
コンパクトな箱なので、内容物は重なりあっており、一つずつ取り出さなければ最終的に全て取り出せない構造になっています。
(どうでもいいかもしれませんが、一番上の端末はもっと透明度の高い袋でも良かったのかなぁとは思いますね(;・∀・))

 

L05Enakami

内容物としては、「本体」「電池パック」「背面カバー」「取扱説明書」「保証書」のみとなります。かなり内容品としてはシンプルな部類に入ると思いますが、これも最近のdocomoによくある事ではありますね。

L05Efront

という訳で本体お目見えです!
以前にも前作Optimus it (L-05D)もAppComing様よりお借りしましたが、改めて端末を見て気づくのがその質感。
前作では少し不評だった安っぽいイメージは完全にぬぐい去り、所有欲を十分に満たしてくれる質感となっております。
各種ボタン部もただのセンサーでは無く窪みが入っており、デザイン面においては妥協が感じられません。

L05Eback

裏面もマットな質感で落ち着きがあり、前作のプラスチックな質感とは完全に別物と化しております。
シールにも貼ってありますが、防水・おくだけ充電(Qi)・おサイフケータイ(Felica・NFC)に対応している「全部入り」スマートフォンとなっています。

L05Enotcover

リアカバーを外した所。本体がコンパクトな影響か、内部も全体的にコンパクトに仕上がっています。
L-05Eは電池の取り外しが可能な端末であり、最近の取り外し不可の端末よりかはその分優れていると言えます。

L05Eslot

コンパクトに、という努力はSIMスロット・microSDスロット部分からも伺えます。
二つのスロットが重なり合って配置されており、省スペースに役立っております。

L05Eup

L05Edown

端末の上部と底部です。
前作同様、キャップレス防水を実現しており、カバーのへたりを気にする必要は完全になくなっています。
電源ボタンが上部に来ていますが、端末自体がコンパクトな為かそれほど推しづらさを感じる事もなく、快適に使う事が出来ます。

 

・まとめ
何の縁か分かりませんが、AppComing様からのレンタル品はまたOptimus itと相成りました(^∀^)。
前作と比較してかなりの進歩を遂げており、大好評にだった前回以上のポテンシャルを秘めている製品だと実感しました。
これから一週間ちょっとお借りする事になりますが、次回はシステム面でのレビューをお届けしたいと思います。



関連するタグ Android LG電子 AppComing Optimusit L-05E
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

最近購入したガジェットまとめ

2013.06.19 Wed
どうもお久しぶりです、@whywaitaです。

私事ではありますが、この春より東京の電気通信大学へ入学し、それと同時に上京。
新生活が始まった事もあり、(実は今でもですが)バタバタする日々が続いており、記事の更新が滞っている状態だった(^_^;)。
とりあえず今回の記事では、最近購入したガジェットをいくつか纏めていきたいと思う。


・MacbookAir
Haswell搭載機が先日発表されたけど、自分のは前世代モデル(^_^;)。
購入した中では最も使うガジェット。
ここ数ヶ月はほぼ必ずと言っていいほど手元にあり、基本的には開発用の端末と化している。
自分にとって初めて触ったMac環境(iOS環境はiPhoneがある)であるので、かなり操作に手こずりながらも、それなりに快適な生活を送っている。
購入してから気づいたのは、「欲しい情報はそれなりにある」という事。
windowsに比べて情報量が少ないというのがよくあるOS比較記事等で槍玉に挙げられるけれど、それほど不便は感じていないのが現状で、Google等で検索していると問題は解決する。
UNIX系統OSとしてはとても素晴らしい一品だと感じている。

・TimeCapsule
知人に「最近Appleで固めすぎでは?」といわれる一因。
自分はまだルータ機能とMBAのフルバックアップ機能しか使っていないのだけれど、今後としてはNASとしても動いてもらう予定。
5Ghz帯でのWi-Fiが飛んでくれるので、それなりに高速通信を実現してくれている。
時間が出来たらスピードテストをして比較してみようとは思う。

・Lumia920
Nokiaから発売されているWindowsPhone8が搭載されているハイエンドスマートフォン。
実は8S by HTCも購入していたのだが、日本語フォントで無い事やローエンド特有のもっさり感に耐え切れずシュート。
その後にこちらを購入して、十分に満足している。
ただやはり問題と言えば少々重量が重たい所。私としてはそこまで問題に感じないものの、友人に貸した際には「重い」という感想をよく聞く。
それ以外は特に問題を感じないので、やはりLumia925に期待したい所。

・GL-04P
ついこの間話題になった、月額980円でEMOBILELTEが使い放題になるプランでレンタルしている。
実はSharee!WiMAXも契約しているのだが、電気通信大学ではエリア的にWiMAXではなくEMOBILEの方がエリア的にとても優れており、SoftBankに買収された今でもそれほど速度的なストレスは感じていない為に、元々何かの端末に差し替えようと思っていたEMOBILESIMはそのままルータに刺さっている。

・Sharee!WiMAX AtermWM3800R
前述したシェアリーWiMAX。
業界最安値と呼ばれる2000円切りを実現している料金プランが魅力的だが、実の所そこまで利用していないというのが現状…。
クレードルも購入している為有線LANを無線化する事も可能になっており、その辺で今は活躍してもらっている。
だが、やはり電車内等ではWiMAXが強いので完全に切り捨てる事も出来ない中々憎い奴である。


・まとめ
という訳で、軽く纏めてみた。
よくよく考えると細かい物を更に多く購入しているはずだが、とりあえず思いつく限りという事で。

関連するタグ
Category:ガジェット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。