FC2ブログ

RSS|archives|admin

GALAXYNEXUSのホーム画面を変更したい-個人的メモエントリ-

2012.09.29 Sat
AndroidがiOS製品と比較されるのはよくある話で、その際にAndroidの優れた点としてよくあげられるのが豊富なウィジェットを利用したホーム画面の自由度の高さ。
というのはよく知っていたのだけど、今までそこまでしっかりとした作りを考えた事は無かった。
自分の中ではそこまで重要度が高い物ではないかな、と思っていたけど、こんな記事を読むと考えが変わった。



みんなのスマホ(iPhone、Android、WP、BB)ホーム画面見せます:前編
(後編は記事内リンクでお願いします(;・∀・))



iOSの作品も公開されているけど、やはり多いのはAndroid。
それも中々手間がかかっていると分かるものも多くて、自分でも作ってみたくなった。
ので、今回のエントリは自分用の公開メモとして使っていく事にする。何度か更新する事になるだろう。

・メイン壁紙
数年来の友人である@chinaru0929 の作品を利用する。(使用許可取得済)
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im1684312


・デスクトップに直接リンクを置くアプリ
最も利用するアプリ。

・spモードメール(もうそろそろK-9 Mailに変更したい)→フォルダアプリ
・電話→フォルダアプリ
・ShootingStar→小見出し
・アプリ一覧→特集記事風
・GooglePlay
・ブラウザ→小見出し

・デスクトップに置くウィジェット
一目見て分かる情報。

・マナーモード(切り替えも)→小見出しをタップで変化させる
・Wifi(切り替えも)→未定
・バッテリー→価格
・現時刻→日付は発行日、時刻は未定
・スケジュール(アプリ代用も可)→アプリとしてフォルダアプリ

・全体のテーマ
雑誌風で統一。
前述のURLに何店かある雑誌が素晴らしいと感じたので自分も雑誌風に。

・使うアプリ
・ADW.launcher (EX)
言わずとしれたホームアプリ。現在利用しているLauncherProはどちらかと言えばメモリ周りの設定がとても強いのだけど、アニメーションなどのグラフィカルな部分は正直少し弱い。
その点ADW.launcherは画面に見える設定の変更が多いらしいので、こちらを使って何かとしていきたい。
Glaeja
とてつもなくカスタマイズ性の高いウィジェット作成アプリ。様々なコマンドを駆使して様々なウィジェットを実現する事ができる。
まだそれほど触っていないのでどこまで出来るのか掴めていないけれど、非常に可能性を感じるアプリ。
Hljoth
マナーモードと音量の設定をいじくれるようになるアプリ。マナーモードの変更をGleajaと併用して使用。

Bylgja
wifi・Bluetoothの設定をいじくれるようになるアプリ。wifiの切り替えをどうするかまだ決めていないのでDLはしてないのだけど、もしホーム画面に置いたりフォルダアプリに入れる事になったら使用する。

とまぁここまで考えた。
構想は少し考えているので、また更新はしっかりしまーす

更新履歴
2012/09/29 修正。



スポンサーサイト



関連するタグ
Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

docomo Wi-Fi永年無料キャンペーン

2012.09.20 Thu
docomoからとても魅力的なサービスが発表された。

http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2012/08/22_00.html

通常月額315円かかるdocomoのwifiサービス、「docomo Wi-Fi」が永年無料になってしまうキャンペーンがついに開始。(既に開始日から20日経っている…(;・∀・))
このキャンペーン中に条件を満たしている人がdocomo Wi-Fiに登録すると、その料金が永年無料になるというもの。
これを逃すと折角の無料がまたお金がかかってしまうので、是非ともこの機会に登録しておくといいかも。
とはいえ、逃すといってもキャンペーンは2014年3月31日まで行われているので、二年縛りの事を考えると「必ず機種購入の為にdocomoショップを訪れる」というのを仮定してあって、docomoの回線を持っている人全員に登録するよう促すのでは無いかと予測している。

(特に説明が無くとも新規契約・機種変更・MNP契約をすると登録されていたという話もあるので、いつの間にか全員が登録している状況が作られるのでは?)


・早速登録
登録の課程については、Docomoショップでの契約変更から登録まで詳しく書かれている他の方の記事があったので、そちらを紹介させて頂く。

ドコモWi-Fi永年無料→難しくて設定できねぇorz→ドコモおねえたんに聞いてきた (スマート中目黒様)

上記の記事にも書かれている事だが、プラスXi割とは異なり「それなりの数の対象外が居る」という事を述べておきたい。
スマートフォンをメイン回線として利用しているとパケットを抑えるなんて事はほぼ不可能で、定額料金の設定パケットは軽く超過すると思う。
今回対象の「パケ・ホーダイフラット」は対象外の「パケ・ホーダイダブル」より最大料金は500円ほど安いので、多くの方がフラットの方を選択していると思うのだけれど(自分の担当して頂いてるdocomoショップの店員さんはフラットをお勧めしてくれました)、ダブルを勧めている店員さんも居ないとは言い切れないので、必ず確認してから登録して欲しい。

※ちなみに2012年夏モデル以降のスマートフォンではかんたん接続アプリが異なるので注意。特に間違える事は無いと思うけれど。



・まとめ
これでdocomo Wi-Fiが無料となって、ようやく他のキャリアと並んだという印象。
(au Wi-Fi SPOTは国内無料、ソフトバンク Wi-Fi スポットも無料に改訂済み)
3キャリア全て指定の料金サービスに登録しておかないといけないけれど、docomo同様特に無理のない料金サービスなので問題無し。
Wi-Fi接続のみの観点だと、+525円でWiMAXが利用出来るauが一つ頭が出ているかな?と思っている。
auはスマートバリューもある事だし、携帯以外での回線面においてはかなり良い印象を持てる。
(逆にSoftBankは…いや、敢えて明言は避けよう(;・∀・))

ただ、3キャリアともに「スポット数」を増やす事だけを考えている節が見える。
食品店などに設置させているスポットが閉店時間になると一緒に電源が落ちて使用不可になる、なんて話もあるぐらいであるし…
SoftBankの「つながらない→→→つながる」並のめい言(敢えて平仮名)を期待するのは、皮肉すぎるであろうか?(^∀^)



関連するタグ docomo Wi-Fi
Category:docomo | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

PayPalアカウントに残ったお金

2012.09.17 Mon
唐突だが、我がPayPalアカウントには22.84USDドルが残っている。
このアカウントは数年前に作った物で、当時はそこまで活用しないだろうと思っていたので偽名にしてあるのだけど、色々と面倒になってきたので、本名名義の新しいアカウントを取得した。
そこで困るのが、アカウントに紐づけられているお金である。
以前他の事に使おうと思ってPayPalアカウントに入金したのだけど、それが突如キャンセルとなったので図らずも余ってしまった。

一年は経っていないと思うけれど、自分の中では完全に抜け落ちていたので、もはや「ない」と思っていたのが急に出てきて少し驚いている(;・∀・)
今の円高を考えるとドルを持っているのはかなり不運なので、もう少し円安になってから換金した方が…とも思ったけど、どうせなら何か購入したいなーと思っている。
日本円にして2000円弱になってしまうので、端末を輸入するとしても難しい額である。
(実はebayで数世代前のスマートフォンを超格安で売ってたりするので、それを買ってしまうのはも手だったりするのだけど…げふんげふん)
もしなにか購入する物があったら、twitterにて@why_waitaにリプライを頂けるとありがたい(・∀・)


・まとめ
実は他の事を考えている時にPayPalを利用しようかと思いついてこのお金を見つけたのだけど、本当に「棚からぼた餅」であった。
さて、どうしたものか…



関連するタグ PayPal
Category:webサービス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Optimus it L-05D まとめ

2012.09.14 Fri
世の中はiPhone5で盛り上がっていますね。
自分も新規で買っちゃおうかな~とか思いましたが、4SのSIMフリー版があるのでスルーを決め込みました。
維持費ははいじんあんどしぃーくのともっさん辺りがまとめてくれるのを期待したいです。
(とか言ってたら執筆途中でauiPhone5の維持費計算エントリが上がったのでご紹介しておきます(;・∀・)
「はいじんあんどしぃーく : au iPhone5の維持費を計算してみました!」


それはされおき、@AppComing様からお借りしていたOptimus itを返却しました。
長い間お借りしたまとめ記事を書き上げたいと思います。

・過去記事

Optimus it L-05Dをお借りした。ファーストインプレッション

Optimus it L-05Dを二日使ってみて

Optimus itの防水性能 9/8追記

物珍しさから防水性能を特に取り上げてみましたが、どうだったでしょうか?
記事中でも書きましたが、microUSBのキャップレス防水というのは珍しい物であり、これから普及して欲しい技術だと思います。
ふと思った事ですが、この止水構造をモバイルブースターとmicroUSBケーブルに使用して雨の中でも安心して外部充電出来る環境を作ってくれるメーカー様はいらっしゃらないんでしょうか?
個人的には需要も無いとは思うのですが…雪国住まいの発想なのかな(;・∀・)


・まとめ

長い間お借りしましたが、ほとんどの面において不満の少なかった製品と言えます。
使っていて僅かに気になったのが電池の減りの早さでしたが、商用版では標準で電池パック二個&バッテリーチャージャーが同梱されていますので、全くストレスは感じないと思います。
あえて取り上げはしませんでしたが、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線、しゃべってコンシェル等の日本向けの機能を整っていてどんなユーザーでも対応しきる端末だと思います。
(NFCはまだ日本では…って事で勘弁してあげてください。夏モデルでは対応少なかったし、日本で使うならFelicaあれば十分だと思っています)

素晴らしい端末をお借りさせて頂いたAppComing様、本当にありがとうございました!



関連するタグ Android docomo AppComing LG電子 Optimusit
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

LG smart worldとは?L-05Dにて確認!

2012.09.06 Thu
皆さんは、「LG smart world」というサービスをご存じだろうか?
恥ずかしながら、私はOptimus itを触るまでこのサービスの存在を知らなかった。ので今回は初めて触ってみた(・∀・)
@AppComing 様よりお借りしているOptimus itのプリインストールアプリとしてインストールされていたLG smart worldアプリをつい先日初めて起動してみた。


・起動まで
ちょっと画像多めです。

標準ホームの所に輝くLGのアイコン。
ではタップしてみると…



どうせフラット契約です。どうぞどうぞ!



お借りしているのは商用版以前のビルドの為、こういったアップデートがいくつかあったりします。
これも気にせずOK。



そしてアップデートパッチをダウンロード。LTE回線ですが、地味に時間がかかります。(といってもすぐなんですが)



ダウンロードが終了後、プリインストールアプリにしては珍しい表示が出ました。
本来AndroidアプリはGooglePlay(旧称:Androidマーケット)のみからダウンロード出来る設定になっており、その他のサイトからはアプリ(正確にはapkファイル)はダウンロード出来ないようになっています。
(これをONにするとGooglePlayの審査に通っていない、通称野良アプリのダウンロードを許可する事を意味します。詐欺リンクなどで勝手に違法(請求)アプリをダウンロードしないように本来はOFFになっています)
メーカーアプリ等の公式アプリの類でこの設定をONにするよう推奨するのは初めて見たので、少々面食らいました。



セキュリティの画面が開きますので、提供元不明のアプリにチェック。
いやこれ、意味分かる方ならいいですけど、何も分からずチェックしてる方とか居そうなもんだけど…大丈夫なのかな?

ここで、自分はホームボタンを押してしまいました…ここから迷いの日々です。
※画像は使い回しです。あくまでイメージとしてご覧ください。



さて、もう一度LGアイコンをタップして…Androidはマルチタスクなので、終了しない限り情報が維持されるはずです。なので先ほどの所から出来るはず…そう思っておりました。


…ん?


…んん!?


な、なんだってー(AA略


…と、いう事で。
今回のLG smart worldアプリ。一度でも「キャンセル」や「戻る」などを選択すると、『何度でも最初からになり、アプリケーションダウンロードも繰り返される』のです。
この仕様によって、私自身3回ほどダウンロードを繰り返しました。ダウンロードプロセスを踏むとしても、既にダウンロードしているのですから一瞬で終わってくれるとありがたいのに…

では続きを。

「え、システムアプリケーション?なにそれ?結構怖い日本語だよ!?」
となってキャンセルを押すと上記のようにやり直しとなります。気にせずOKを押しましょう。



ようやく起動しました(;・∀・)
ここまで長かった…



・アプリの内容
いくつかタブがあるようなので、スクリーンショットを一気に。





どうやら、LG電子製のGooglePlayのようです。
アプリを適当に一つ選択してみると。

LG製品に搭載されてるLGキーボードですね。
プリインストール版と何か違うんでしょうか…?(ATOKを利用しているので検証不可です、ごめんなさい)
その他にも多くのアプリがあるのですが、ほとんどがGooglePlayにもあるアプリでした。



・まとめ
LG smart worldとは、LG電子製GooglePlayでした。
といっても、映像はKARA等のKPOPと呼ばれる方々の動画が数点ある程度、アプリもそれほど多いとは思えません。
類似サービスといえばauのスマートパスが近い物を感じます。
ですがスマートパスとは違いLG電子製のスマートフォンには標準搭載されているからか、auスマートパスほどのの魅力は感じません…。
メーカーアプリと言えば、こんな物なのですかね(;・∀・)
LG smart world 日本語(PC版)はこちら



関連するタグ Android docomo AppComing LG電子 Optimusit
Category:webサービス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Optimus itの防水性能 9/8追記

2012.09.04 Tue
@AppComing 様よりお借りしているOptimus itは「全部入り」スマートフォンとして発売され、その中には防水機能も当然ある。
では、この防水機能がどの程度のものなのか、某IS04のように水滴で反応したりしないかなどが気になったので、実験してみた。


・公開スペック
LG電子の公式サイトには防水性能にIPX5/7等級の記述がある。
http://www.lg.com/jp/mobile-phones/all-phones/LG-Optimus-it-L-05D.jsp
まずIPXというのは何かと言うと、"電気機械器具の外郭による保護等級JIS C 0920)とは、日本工業規格で規定された防水防塵の程度についての等級。家電品のカタログや説明書などに「JIS保護等級」と記載される場合、この内の防水に関する等級を指す場合が多い。この等級を製品等に表記するには、規定に従った試験を通過しなければならない。" というものらしい。(Wikipedia-電気機械器具の外郭による保護等級より引用)
特に防水に関する事をIPXと示すらしい。ちゃんと略称も決まっているのだなーと。(無知で申し訳ない(;・∀・))
そしてIPX5/7というのは具体的にどの階級になるのかと言うと、

5級
あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
7級
一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
(Wikipedia上記と同ページより)

という事で、噴流水と潜水に対する区別がある為に二つ表記がある、と。
どちらも最高級の一つ下に設定してある訳だけど、最高級はスマートフォンに対応させるとすごい事になる…らしい。
(参考:Mac a La Carte様、「iPhoneを海辺で使おう~LifeProof Case~」)


・防水実験

連続起動時間はともかく、こんな所でスペック違いが起こるとも考えにくいけれど、折角お借りしてるからには実機で試してみないとモニターレポートにはならないのである。

という訳で動画をどうぞ。…と言いたくて同じ防水性能のMEDIAS TABを使って撮影したのだけど、編集がかなり必要になってしまったので文章で伝えたいと思う。

機能で保証されてるので当たり前ですが、全方向に蛇口で水をかけてみたり水を溜めてその中に端末を沈めてみても故障する事はなかった。
ですが当然の如く、静電気式のタッチパネルを採用しているので水をかけている最中も沈めている最中も操作はほぼ不可能でした。
特に蛇口から水を出している時は強くしていると水圧でタッチパネルが反応しているようで、アプリが開いたりなんだりしていた(;・∀・)
沈めている時は数年前の端末(PDAと言った方がいいのだろうか)を触っている感覚で、操作をほとんど受け付けてくれない状態だったので水中で使う事は想定しない方がいいのかなと(・∀・)


・まとめ
結論としては「Optimus itは防水機能付きだった!」という当たり前の話になってしまってるけど、試してみるのがモニターという事で許して貰いたい(;・∀・)。
一つ注意しとおかないといけない所としては、キャップレスとなっているイヤホンジャックとmicroUSBコネクタの部分。
特にmicroUSBコネクタに水が入っている状態で充電しようとすると接続している所に水が入り込み、最悪本体とケーブルの両方が再起不能になってしまう事があるので注意してもらいたい。
(友人の話では水の入ったまま充電したところ本体温度が60℃近くにまで上がったらしく、本当に危険なので綿棒等で優しく拭き取るか、ドライヤー等で乾かす事を推奨する。最も良いのは自然乾燥だけど)
イヤホンジャックでの接続とは構造的に訳が違うので、同じ感覚で接続すると悲しい目に遭うかも(;・∀・)いや、イヤホンジャックもしっかり乾かさないとダメですが。


・2012/09/08追記
docomoのOptimus itのページにて詳しい記述がありました。

”IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から1分あたり12.5リットルの水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、電話機としての機能を有することを意味します。
IPX7とは、常温で水道水、かつ静水の水深1mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに電話機としての機能を有することを意味します。”

流石docomoと言った所ですかね。かなり具体的に、どこまでやってもいいかが記されています。
しかし、水量を固定化する必要があるとはいえ内径を設定する前にもうちょっといい書き方は無かったのだろうか…w




関連するタグ Android AppComing LG電子 Optimusit
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |