RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Twitter読み上げガジェット「ついまる」

2013.12.03 Tue

という訳で頂いたついまるをUSBでwin機に接続しました。

...。

ついまる(ツイートアニマル) フォ郎 フォロ美

staybuzz君に貰ったUSBスピーカの記事でした。

TwitterAPI1.1未対応品なので、ただのUSBスピーカと化している。という話でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


スポンサーサイト
関連するタグ ついまる Twitter
Category:ガジェット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

すのこタン×プロ生ちゃんコラボイベントに行ってきた!

2013.06.30 Sun

以前のエントリでお知らせしていたコラボイベントに参加してきたので、今回はそのレポートを行いたいと思う。

(こういった記事においては写真が大半になるはずなのだが、今回カメラであるLumia920の充電を忘れてしまった為、そこまで写真が撮れなかった事をここに謝罪したい(;・∀・)。プロ生公式ページには美麗な写真が多く掲載されるハズなので、そちらも併せてご覧頂くとありがたい…。)

昼の13時頃に現地に到着。友人( @d77c420d )が合流するかも?という話だったので、オリオスペックさんの前で待っていた。


WP_20130629_002 (2)
オリオスペックさんの看板には、今回のチラシが貼られていて、イベント開催を宣伝していた。

その後合流できたので、そのまま店内へ。
ここで初めて @jz5 さんや @daruyanagi さん、 @daisuke_nomura さん等と挨拶。店内を見て回りながらも、お腹減った勢でご飯へ…という事で出かけたけど結局どこも混んでいて食事はできなかった(;´∀`)。

そして店内に戻ると…多くのお客さんが!
(この様子は、AKIBA PC Hotlineさんが写真を撮っていたようなので紹介されて頂く。)
まさか一番のりしておきながらここまで出遅れるとは思わなかったが、席を外していたので仕方がない。という訳で先に商品を購入する事にした。

2013-06-29 15.04.21

2013-06-29 15.04.35

特設スペースの写真をパシャリ。
上写真の左に積んであるのが今回のコラボ商品であり、その横のマグカップはプロ生ちゃんグッズの一つである。
下写真は下段にあたり、すのこタンの過去商品が陳列されていた。
(僕個人としては噂の「人向けすのこタン」が気になっていたけど、流石に受注生産品という事で陳列されては居なかった(;・∀・)…)

2013-06-29 15.36.07

また、会場にはすのこタンとあるみさんの公式コスプレイヤー小山姉妹もいらっしゃってました。サイン会中にはそのお手伝いをされていたり、サイン会終了後にはお二人が踊ったり、写真撮影会が行われたりと、お二人のおかげでとても場が盛り上がっていたように思えます。所で本日はプロ生ちゃん公式(?)コスプレイヤーの方はいらっしゃいませんでしたね?w
(あるみお姉さんこと小山紗季さんのブログはこちら
(私信:動画、私の方で撮ってありますので、個人的にnikoniko.whyあっとgmailどっとこむに連絡を頂ければ…げふんげふん)

イベント最中の事はとりあえずここまでとして、ここからは製品開封レビューをお届けしたい。

WP_20130629_005
WP_20130629_007

今回の戦利品一覧!
コラボアイテムは後ほど詳しく紹介するとして、それ以外のアイテムを簡単にご紹介。

・プロ生ちゃんマグカップ(緑)
・プロ生ちゃんタオル
・プロ生ちゃんステッカー
・すのこタン×プロ生ちゃん団扇
・サイン色紙(whywaitaの記名入り!)

購入したのはコラボアイテムと上記の二品。後者はどちらもプロ生ちゃんこと暮井慧をあしらったマグカップで、今回以外でも6/21から販売されている商品だ。
プロ生ちゃんステッカーは以前から頒布している物で、サイン色紙にはすのこタンと、プロ生ちゃんイラストレーター両名のサインと、記名をしていただいた物で、とても貴重である。
(記名無し版のサインが何枚か余っていたが…はてさてどうなるのやら(・∀・)。)
団扇は今回のコラボイラストを用いた団扇。団扇が欲しくなるこの時期にはありがたい話だ。

WP_20130629_008WP_20130629_009

という訳で今回の目玉、すのこタン×プロ生ちゃんコラボアイテム、「すのこタン。13inch プロ生ちゃん ver.」をご紹介。

WP_20130629_011

開封してみた所。
今回のすのこタンには2バージョン、「白引きあり」「白引きなし」が販売されており、筆者が入手したのは白引き無しの方。背景がすのこタン本来の色合いであり、プロ生ちゃんの色合いが少し抑えめになっている。

WP_20130629_012

また、今回のコラボイラストのポストカードも付属していた。この辺の心遣いがとても嬉しい。

そして、今回のすのこタンを筆者のMBA(2012 Mid 13inch)に載せると…

 

 

WP_20130629_013

お?

WP_20130629_014 (1)

WP_20130629_015 (1)

おお!

 

WP_20130629_016 (1)

おおー!

という訳で、完全にピッタリであった。
個人的には少し余裕が欲しかったか…?とも思ったが、机の上に置いてみると、MBAギリギリのスペースで配置していたにも関わらず問題無く配置でき、このサイズは「丁度良い」サイズだったと言える。
排熱に関しても、机にそのまま熱風を打ち付けていた現状から思えばかなり改善されているのではないか?と感じている。

・まとめ
という訳で、簡単にではあるが今回のイベントのレポートを纏めさせて頂いた。
今回初めてお会いするばかりで最初は緊張していたが、皆さんとても良い方ばかりで本当に良かったと感じている。
今回のイベントの運営に関わった全ての方々に、感謝を送りたい。



関連するタグ プロ生ちゃん すのこタン。
Category:ガジェット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

すのこタン&プロ生ちゃんコラボイベント開催!イベント限定商品も

2013.06.23 Sun

pronamasunoko

こんにちは、whyです。
今回はいつもお世話になっている@jz5 が代表を務める「プロ生」イベントについて頼まれもしないのに記事にしたいと思います。

今回行われるのは、アルミニウム製のPC冷却用パーツ、「すのこタン。」とのコラボイベント。
昨今頻繁に行われている「萌え化」商品の一つに分類されるが、そのクオリティは十分に高い。アルミニウム純度99%以上の熱伝導率の高い素材を使っており、冷却率はとても高い。
また、ラインアップも多く、その名の通り「すのこタン。」だけでなく、PS3専用やA4サイズ、マウスパッドにチタン製iPhoneカバー、「メガすのこタン。」なる人間用まで用意されているというから驚きである。
参考:すのこタン。アルミニウム冷却台 製品ラインアップ

今回のイベントは「ニコニコ超会議2」内で行われた、「プロ生勉強会@超会議2」にてその存在が発表されたすのこタン。とのコラボイベント。
まだ製品の詳しい姿は制作中とのことだが、是非とも期待したい。

来店者にはすのこタン。&プロ生ちゃんのポスターとうちわ、またすのこタンイラストレーターの三ツ雪柚菜先生のサイン会も実施されるとの事。
すのこタン。 13inch プロ生ちゃん ver.もこの会場にて限定販売が行われるとのなので、欲しい人は必ずイベントに参加して入手すべし。

・まとめ
ちなみに筆者もイベントには参加予定。
ただ、他の予定が昼に入ってしまっているので、できれば参加できたら良いなぁ、というぐらいの期待になっている(;・∀・)



関連するタグ プロ生ちゃん すのこタン。
Category:ガジェット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

最近購入したガジェットまとめ

2013.06.19 Wed
どうもお久しぶりです、@whywaitaです。

私事ではありますが、この春より東京の電気通信大学へ入学し、それと同時に上京。
新生活が始まった事もあり、(実は今でもですが)バタバタする日々が続いており、記事の更新が滞っている状態だった(^_^;)。
とりあえず今回の記事では、最近購入したガジェットをいくつか纏めていきたいと思う。


・MacbookAir
Haswell搭載機が先日発表されたけど、自分のは前世代モデル(^_^;)。
購入した中では最も使うガジェット。
ここ数ヶ月はほぼ必ずと言っていいほど手元にあり、基本的には開発用の端末と化している。
自分にとって初めて触ったMac環境(iOS環境はiPhoneがある)であるので、かなり操作に手こずりながらも、それなりに快適な生活を送っている。
購入してから気づいたのは、「欲しい情報はそれなりにある」という事。
windowsに比べて情報量が少ないというのがよくあるOS比較記事等で槍玉に挙げられるけれど、それほど不便は感じていないのが現状で、Google等で検索していると問題は解決する。
UNIX系統OSとしてはとても素晴らしい一品だと感じている。

・TimeCapsule
知人に「最近Appleで固めすぎでは?」といわれる一因。
自分はまだルータ機能とMBAのフルバックアップ機能しか使っていないのだけれど、今後としてはNASとしても動いてもらう予定。
5Ghz帯でのWi-Fiが飛んでくれるので、それなりに高速通信を実現してくれている。
時間が出来たらスピードテストをして比較してみようとは思う。

・Lumia920
Nokiaから発売されているWindowsPhone8が搭載されているハイエンドスマートフォン。
実は8S by HTCも購入していたのだが、日本語フォントで無い事やローエンド特有のもっさり感に耐え切れずシュート。
その後にこちらを購入して、十分に満足している。
ただやはり問題と言えば少々重量が重たい所。私としてはそこまで問題に感じないものの、友人に貸した際には「重い」という感想をよく聞く。
それ以外は特に問題を感じないので、やはりLumia925に期待したい所。

・GL-04P
ついこの間話題になった、月額980円でEMOBILELTEが使い放題になるプランでレンタルしている。
実はSharee!WiMAXも契約しているのだが、電気通信大学ではエリア的にWiMAXではなくEMOBILEの方がエリア的にとても優れており、SoftBankに買収された今でもそれほど速度的なストレスは感じていない為に、元々何かの端末に差し替えようと思っていたEMOBILESIMはそのままルータに刺さっている。

・Sharee!WiMAX AtermWM3800R
前述したシェアリーWiMAX。
業界最安値と呼ばれる2000円切りを実現している料金プランが魅力的だが、実の所そこまで利用していないというのが現状…。
クレードルも購入している為有線LANを無線化する事も可能になっており、その辺で今は活躍してもらっている。
だが、やはり電車内等ではWiMAXが強いので完全に切り捨てる事も出来ない中々憎い奴である。


・まとめ
という訳で、軽く纏めてみた。
よくよく考えると細かい物を更に多く購入しているはずだが、とりあえず思いつく限りという事で。

関連するタグ
Category:ガジェット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

SONY SmartWatch MN2を数日間使ってみた

2013.02.02 Sat

SonyMobileから発売されているSmartWatch MN2を購入した。

SmartWatch MN2 | アクセサリー | ソニーモバイルコミュニケーションズ

AndroidとBluetoothで接続し、各種SNS等の情報をスマートフォンを取り出す事無く確認できるSmartWatchをソニーが発売した製品となっている。
SonyEricssonが発売していたLiveView MN800の後続機として発売された製品だけれど、購入後の評判がそこまで芳しくは無かった前作に比べて、かなり評判は上々。
SmartWatchというジャンルに初めて触れた筆者にとっては未来を感じるデバイス。

・購入
実店舗はもう在庫が残っていなかったので、他で購入する事にした。
Amazon等の大手通販サイトや、eBay等のオークションサイトも少し回ってみたけれど、結局Sonyが運営するXperiaStoreが安かったので、そちらで購入した。
箱にはでかでかとXpriaの文字が躍り、Xperia端末を持っていない自分としては「そこまで推す物か」とも思ったけれど、元々の触れ込みがXperiaスマートフォンとの連携なので、仕方がないのかもしれない。

・開封
パッケージはこんな感じ。

smartwatch1

商品をそのまま見せている状態になっていて、店頭に並んでいればどのような製品かを確認できるようになっている。

 

smartwatch2

箱を開けると、
・SmartWatch MN2 本体
・専用ベルト
・充電用ケーブル
・ベルト交換用アダプタ
・スタートアップガイド等書類
が入っている。

個人的にはベルト交換用のアダプタが嬉しい。
Sonyロゴの入ったベルトはお世辞にも高級感を感じられる出来ではなく、夏場はかなりムレそうなので、自分の好きなベルトに変更出来るのは嬉しい(;・∀・)。

・使ってみて
Bluetooth接続を常にするタイプの製品を利用するのは初めてで、元々バッテリー問題に頭を抱えているもののメイン機として使っているSC-04D(CALAXYNEXUS)を使うのには少々心配…。
加えてSmartWatch MN2はBluetooth3.0までしか対応しておらず、省電力化がなされていないの、心配の種だった(まぁこっちはSmartWatch側の電力問題が主だろけど)。

しかし、使ってみるとそれほど電池消費を感じる事はない。
そもそも電池消費を気にしてGNEXUSは利用せず、XiWi-Fiルータで接続したiPhone等の他の端末を利用し、通話のみに特化してしまえば大丈夫だった。

加えて、使用していたアプリを少し刷新する事で更に利用しやすい形になった。
具体的には今までGmailの受信にはGoogleが開発したGmailアプリを利用し、YahooメールにはK-9を利用していたのを、全てK-9に統合した。
これによって通知がかなりすっきりした上に、メールの内容がかなり理解しやすくなった。

だが、SHARP製のTwitter拡張アプリはまだまだ完成していなくて、リアルタイムでの反応をそれなりに重視している筆者にとってはフェッチ通知であるのは少々使用に耐えきれなかった。
現在は定番アプリ「CustomNotifierExtension」を使って「Twitter for Android」から通知を流しているものの、Fav通知やRT通知などは「新しいみんなの反応」と統合されてしまって時計だけでは把握できないのが難点(;・∀・)。
(そこまでFav・RT通知を重視しているユーザーが少ないというのが原因だろうけど…)

 

・まとめ
未来を感じるデバイスとして発売されたこの製品、自分もその感覚を十分に味わう事が出来ている。
付属のベルトの質感がかなり残念な点、標準アプリの微妙な完成度など、まだまだ進化する余地はあり、もう少し…という間隔が拭えないことは否定できない。
だが、先日行われたCES2013においてもSmartwatch製品が発売されており、更なる進化を期待したい所である。

2013年は「スマートウォッチ元年」になるかもしれない。 – すまほん!!



関連するタグ Sony Bluetooth MN2
Category:ガジェット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。