RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

SC-01Cが役立った話

2013.02.26 Tue

日本におけるタブレット市場黎明期に発売された、初代GalaxyTab。
Wikipediaのドコモタブレットを参照すると分かる通り、docomoから発売されたタブレットの中ではOptimusPad(L-06C)と並んで最も古い時期に販売されている。

実に約二年ほど前に発売されたこの端末を、筆者は一年半ほど前に白ロムの状態で購入し、初めて触ったAndroidという物に強く興味を持ったのを覚えている。
だが当時はまだAndroidのバージョンも2.2(後にdocomoより2.3アップデートがあった)であり、今の端末と比べればXi非対応(というか4G・LTEという言葉の知名度が低かった自体だが)、RAM512MBとお世辞にもいいスペックとは言えず、もっさり感が拭えなかった。

現在は以前のエントリで僅かに触れたようにroot化した上でICSベースのカスタムROM、「CyanogenMod9」を導入してそれなりに快適なタブレットとなっていた。

実は筆者は二月の初めより、自動車免許取得の為合宿に参加していた。
その為ノートPCや各種白ロム端末を持ち込んだのだが、残念ながらインターネット環境が敷設されていない宿舎だったのでどうしてもルータを利用しなくてはいけなかった。
ご存じの通りXiには一月で7GB以上(プランによっては3GB)通信した場合、月末まで送受信速度が128kbpsにまで制限されてしまう。

参考:ご注意事項|サービス・機能|NTTドコモ

平常時であれば7GBに到達する事はほぼ無いであろうが、PCでの通信に使っていれば当然7GB制限にすぐ引っかかってしまう。
筆者のXi契約SIMも当然すぐ7GB制限に引っかかり、PCの利用に耐えうる速度では無くなってしまった。

そんな時にふと思い出したのが、FOMA契約SIMを用いたテザリング。
本来なら外部接続すればパケホーダイの料金が上がってしまうのだが、実はSC-01Cを用いると料金は変動しない。
(この理由に関しては「当時まだテザリングの概念がdocomoに無かった時代の端末だから」だとか「docomoが俺たちにくれた抜け道なんだ」だとか諸説あったが割愛させて頂く)
方法としてはroot化や、特定のアプリをDLすれば可能。筆者の場合はCyanogenModに元々搭載されているテザリング機能(本来Androidに搭載されている物)を利用した。
FOMAにおける通信量制限はXiと異なり、「当日を含む直近3日間のパケット通信量が300万パケット」を超えると、「通信接続の優先度が下がる」という物で、Xiと比べればかなり軽い制限となっている。
勿論回線速度は理論値上は文字通り桁違いだが、制限されたXiはFOMAよりも遙かに高速だ。実際筆者は十分にストレス無く利用する事ができた。
SC-01Cは4000mAhのバッテリーを搭載しているのでバッテリーで困る事も無く、それなりに快適に利用できた。

問題点があったとすれば、どこの問題か分からないがSC-01C→MacBookAirと接続している際に何度かWi-Fiの電波は通っているもののパケットが流れない、「パケ詰まり」とはまた違う現象が起きていた。
テザリング、MBAのWi-Fiをオフにした後、テザリング→MBAの順でオンにすると症状は現れなかったが、何度か発生した為少しストレスになっていた。
それ以外では特に何も不満は無く、しっかりとテザリングしてくれた。

 

・まとめ
実は近々メイン端末をGALAXYNEXUS(SC-04D)からXi端末へ変更する予定を建てており、docomo公式でFOMAテザリングを使う事はもう無い。
最後に十分な活躍を見せてくれたSC-01Cは、本当に買って良かったと思えた端末だった。



スポンサーサイト
関連するタグ Android docomo Samsung SC-01C GalaxyTab
Category:docomo | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

docomoからのiPhoneについて

2012.10.26 Fri
Apple Products Fan ドコモ社長の発言、iPhoneを真剣に検討している気配あり!

現状iPhoneはauとSoftBankから出ていて、iPadも今まではSoftBankだけだったもののminiからはauも発売されるという事で、2キャリアの優劣もほぼなくなりつつある。
そんな中で何年も前から「NTT docomoからiPhoneが出る!」等の報道がなされてきているものの、iPhone5やiPad miniが出ている今、docomoからiPhoneが発売される気配はない。
(確証ではないのでハッキリ言えないけれど、あと3年は発売されないと自分は思っている。理由は各々で(;・∀・))


そんな今、『docomoからiPhoneが出るメリットはあるのだろうか?』という質問が上がったとき、自分は「全体的に見てNO」と言いたい。


色々な視点から考えてみたい。まずは顧客側。
今docomoの回線を利用しているユーザーで、iPhoneを使いたいと思っている人は少数だろう。
SoftBankは前々から回線品質が劣悪なのは、その手の話に詳しくない人でも実感出来ていると思う。
なのでiPhoneを使いたくてもSoftBankの回線は…と思っていた人達が居たが、今はauもiPhoneを販売している。
au版iPhone4s発売当時はMMSが採用されていなかったり通信規格をCDMAを採用していたりと不満がそれなりにあったけれど、iPhone5が発売された今はそんな事も特に感じない。
MNPによる条件がかなり優遇されている今、最早iPhoneが使いたい人はdocomoからとっくに移っている。
(SIMフリーという抜け道は知りません。自分もさっきまで使ってましたけどね!(;^∀^))
なので、顧客側のメリットはあるだろうけど、少数だろう。

次にdocomo側。
こちらは…一番オイシイのはキャリアであるdocomoである事は間違いない。
しかし、そこまで莫大な旨みがあるかと言えば…どうなのだろうか。
前述したようにユーザーは最早流れてしまって二年契約を結び、雁字搦めになっている。
期待しているユーザーは少数。そんな状態でdocomoからiPhoneが出たところで、契約する人間は少数だろう。
つまりはdocomoが手にする利益も少数。ただの悪循環になってしまう。

そして一番ダメージを受けるのが日本メーカー。
もしiPhoneがdocomoから出れば、スマートフォンを販売している日本メーカーは全て断絶するだろう。
販売数は激減し、利益が出ないほどに落下する。そしていずれ日本メーカーはスマートフォンから撤退する。
そうなってしまったら、もう日本の技術進歩に未来は無くなってしまう。
…少し言い過ぎたかもしれないが、詭弁で無い事は理解して頂きたい。


・まとめ
散々書いたが、結論は『docomoからiPhoneは出なくて良い』。
docomo回線でiPhoneを使いたければ、今はXiのルータがかなり安価で手に入るし、SIMフリーという選択もある。
アメリカでのiPhoneがSIMロックされず、日本のiPhoneはSIMロック付き…等のハードウェア的な問題は未だ残るものの、キャリア的にはiPhoneは棲み分けが完了しているのかなーと。


関連するタグ docomo iPhone
Category:docomo | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

docomo Wi-Fi永年無料キャンペーン

2012.09.20 Thu
docomoからとても魅力的なサービスが発表された。

http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2012/08/22_00.html

通常月額315円かかるdocomoのwifiサービス、「docomo Wi-Fi」が永年無料になってしまうキャンペーンがついに開始。(既に開始日から20日経っている…(;・∀・))
このキャンペーン中に条件を満たしている人がdocomo Wi-Fiに登録すると、その料金が永年無料になるというもの。
これを逃すと折角の無料がまたお金がかかってしまうので、是非ともこの機会に登録しておくといいかも。
とはいえ、逃すといってもキャンペーンは2014年3月31日まで行われているので、二年縛りの事を考えると「必ず機種購入の為にdocomoショップを訪れる」というのを仮定してあって、docomoの回線を持っている人全員に登録するよう促すのでは無いかと予測している。

(特に説明が無くとも新規契約・機種変更・MNP契約をすると登録されていたという話もあるので、いつの間にか全員が登録している状況が作られるのでは?)


・早速登録
登録の課程については、Docomoショップでの契約変更から登録まで詳しく書かれている他の方の記事があったので、そちらを紹介させて頂く。

ドコモWi-Fi永年無料→難しくて設定できねぇorz→ドコモおねえたんに聞いてきた (スマート中目黒様)

上記の記事にも書かれている事だが、プラスXi割とは異なり「それなりの数の対象外が居る」という事を述べておきたい。
スマートフォンをメイン回線として利用しているとパケットを抑えるなんて事はほぼ不可能で、定額料金の設定パケットは軽く超過すると思う。
今回対象の「パケ・ホーダイフラット」は対象外の「パケ・ホーダイダブル」より最大料金は500円ほど安いので、多くの方がフラットの方を選択していると思うのだけれど(自分の担当して頂いてるdocomoショップの店員さんはフラットをお勧めしてくれました)、ダブルを勧めている店員さんも居ないとは言い切れないので、必ず確認してから登録して欲しい。

※ちなみに2012年夏モデル以降のスマートフォンではかんたん接続アプリが異なるので注意。特に間違える事は無いと思うけれど。



・まとめ
これでdocomo Wi-Fiが無料となって、ようやく他のキャリアと並んだという印象。
(au Wi-Fi SPOTは国内無料、ソフトバンク Wi-Fi スポットも無料に改訂済み)
3キャリア全て指定の料金サービスに登録しておかないといけないけれど、docomo同様特に無理のない料金サービスなので問題無し。
Wi-Fi接続のみの観点だと、+525円でWiMAXが利用出来るauが一つ頭が出ているかな?と思っている。
auはスマートバリューもある事だし、携帯以外での回線面においてはかなり良い印象を持てる。
(逆にSoftBankは…いや、敢えて明言は避けよう(;・∀・))

ただ、3キャリアともに「スポット数」を増やす事だけを考えている節が見える。
食品店などに設置させているスポットが閉店時間になると一緒に電源が落ちて使用不可になる、なんて話もあるぐらいであるし…
SoftBankの「つながらない→→→つながる」並のめい言(敢えて平仮名)を期待するのは、皮肉すぎるであろうか?(^∀^)



関連するタグ docomo Wi-Fi
Category:docomo | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

docomoのMyインフォメールの送信先の仕様が変更に

2012.08.26 Sun
docomoから無料で配信されているMyインフォメールですが、一つの回線にiモードとspモードの二つの契約がある場合、今までiモードに送信されていたのが、spモードに送信される事になりました。
報道用資料などが無いか探してみたのですが、何故か見あたらず・・・(;・∀・)

ですが、docomoのMyインフォメールのページは既に変更されていました。
http://www.nttdocomo.co.jp/support/benefit/premier/my_infomail/
ページ下方のご注意事項に、”1つの回線でiモードとspモードの両サービスをご契約されている場合、MyインフォメールはspモードのメッセージRで配信されます。”とあります。

ガラケー(iモード)からスマートフォン(spモード)に機種変更する際、当然ISP料がかかりますが、同時に契約すると月額315円の割引が発生し実質相殺してしまう事から、今までのガラケーでも使えるようにiモードを残していた方も多いのではないでしょうか。自分もその一人です。
ですがその場合Myインフォメールが届かず、マイショップに登録してあるショップからの情報も届かず・・・という状況に陥っておりました。
なのでこの変更は実に嬉しく、丁度先ほどマイショップ通信が届いたので便利になったな、と思います。


・まとめ
Xiの数も増えてきて、FOMAスマートフォンもどんどん増えている中にこの変更はもはや「ガラケー切り捨て」と言っても過言では無いでしょう。(まぁ、夏モデルの販売状況を見たらあからさまですが・・・(;・∀・))
これも時代の流れ、という事なんでしょうね。



関連するタグ docomo
Category:docomo | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。