RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

世界初!FirefoxOS商業機 ZTE Openが届いた!

2013.07.27 Sat

第三のOS戦争。
今日本のモバイルOSは、「Android」と「iOS」が世を風靡している。
完全な二強、その他のOSを搭載したスマートフォンは未だ販売されておらず、他の追随を許さない形になっている。
世界的に見れば(既に過去の話ではあるが)symbiamOSを搭載したフルスクリーン端末や、NokiaやHTCが販売しており、過去バージョンである7.8までであれば日本で発売されたWindowsPhone(現在の最新バージョンは8)であったり、日本ではQWERTYキー搭載端末のみ発売され、後にフルスクリーン端末も提供を始めたBlackBerry等、一定以上の販売数を上げているOSは多く存在する。
だがそのどれもが(一部のファンの大きな後押しがあるものの)日本発売には至っていない。
これに関しては日本のキャリアの業務体制など多く言いたい事はあるが、ここでは割愛させて頂く。
なんにせよ、現状は「Android」と「iOS」以外の端末は出る見込みが全く無かった。

そんな現状で、大きな新興勢力の波が起きた。
韓国メーカーSamsungが主導する新たなOS「Tizen」、webブラウザFirefoxの開発元であるMozillaが開発している「FirefoxOS」の登場である。
「Tizen」はNTTdocomoが、「FirefoxOS」はKDDIが協賛しており、二社から各々のOSを搭載した端末が販売されるのは時間の問題である。

「Android」と「iOS」によって支配されたこの日本市場に投下される二つのOSのうち、「第三のOS」の座を手に入れるのはどちらか。
これが「第三のOS戦争」の概要である。

 

前置きが長くなってしまったが、今回の本題に移りたいと思う。
今回、横浜のJさんにお願いして、スペインにて発売された「世界初のFirefoxOS搭載商業機」であるZTE Openを購入した。
実はZTE Openよりも先にGeeksPhoneから「PEAK」と「KEON」という端末が発売されていたが、これはあくまで「開発者向け」である。(現在はPEAKが発売終了となり、消費者向けとしてPeak+という端末のプレオーダーが始まっている)
その点ZTE Openは完全に商業機であり、実際にスペインで販売されているのである。
…ただ、ebay等で発売されている数が少ない所を見ると、販売数がそこまで伸びているのかと言われると疑問が残る所(;・∀・)。

さて、折角購入したので、開封の儀に移りたいと思う!

WP_20130725_008 (2)

こちらが外箱。スライド式になっていて、外膜を外すと…

WP_20130725_010 (2)

なんと、ZTE色もMovistar(スペイン販売元のキャリアの名前)色も抜け、FirefoxOSの文字だけが残ってしまった。
初代機である為か、FirefoxOSの端末である事を大きく打ち出している所が個人的には非常に好感を持てる。
本当にこれだけ見ていると、まるでMozilla版NEXUSか何かと勘違いしてしまいそう(;・∀・)

WP_20130725_011 (2)WP_20130725_012 (2)

箱をパカリと開けると、Mozilla Japanのマスコットキャラクターであるフォクすけ(英語表記はFoxkehだそうです。情報を頂いた@arigayas 様、@d_toybox 様、ありがとうございます!)と思われるキャラクターの絵が。まぁ、Mozillaが出しているのですからFoxkehで間違い無いだろうけれど、日本でのフォクすけイメージとはかけ離れているデザインである(;・∀・)。

WP_20130725_013 (2)

内容品としては、ACアダプタ(スペインモデル)、USB to microUEBケーブル、イヤホン、各種声明書。筆者はスペイン語の教養は無いため説明書に書いてある内容を読む事は出来ないが、図などから察するにFirefoxOSの基本的な操作も書いてあるようだ。
最近日本で発売されるAndroid等はほとんど説明書が無くなってきているが、やはり最初の販売機としてはこういった説明が必要なのだろうか。

WP_20130725_015 (2)

WP_20130725_050 (2)

WP_20130725_027 (1)WP_20130725_047 (2)WP_20130725_020WP_20130725_019

表、裏、上、下、左、右の撮影。
上には電源ボタンとイヤホンジャックが配置されている。最近のスマートフォンと比較すれば非常にコンパクトな端末であるため、上に電源ボタンがあってもアクセスは容易だ。
下にはmicroUSB用のジャックがあり、ここから充電屋データの受け渡しが可能となっている。
左にあるのはボリュームボタンで、右には何も無い。

この配置は日本ではあまり見る事は無い気がするが、右手で持った時に親指はタッチパネルの操作に専念出来るので、意外に良い配置なのではないだろうか。

WP_20130725_052 (2)WP_20130725_051 (2)

裏にはOSであるFirefoxOSのロゴと、キャリアであるmovistarのロゴのみ。質感はまさにプラスチックという感じだが、僅かにマットな質感があり、丸みと相成って持った時の不快感は全く感じない。

WP_20130725_053 (3)

裏蓋を開けると、SDカードスロットとSIMスロット(サイズは標準)にアクセス出来るようになっているのが分かる。(写真は電池を外した状態で撮影しています)

WP_20130725_055

SDカードスロットには既に4GBのSDカードが入っていた。これはFirefoxOSの特性による物。FirefoxOSでは、アプリデータ等の個人データは全てSDに保存されるようになっている為に、SDカードが最初から入っている事で「開けてからすぐに使う」が可能になっている。

 

とりあえず今回はここまでとさせて頂く。
起動してからの事は、また次のエントリにて。

・まとめ
私は以前からFirefox信者でもある為に、FirefoxOSについてはとても気になる製品であった。また、最近は国内端末以上に海外端末にとても興味があり、その二つが重なって今回Jさんにお願いし手配して頂いた次第。
使ってみた感想は、また詳しく書く予定ではあるが、「Andorid2.3.6」、「iPhone3GS」に近い物を感じた、という事で皆様には察して頂きたい(;・∀・)。

この記事(と今後の記事)を書くに当たって、多くの方に協力を頂きました。この場を借りまして改めて皆様に謝辞を。本当にありがとうございました。



スポンサーサイト
関連するタグ FirefoxOS movistar ZTE ZTEOpen
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Optimus it L-05Eを返却した! 個人的なまとめ

2013.07.01 Mon

AppComing様よりお借りしていたOptimus it L-05Eを返却したので、まとめエントリーを書かせて頂きます。
今回お借りしたのは評価機であり、製品版とは一部仕様が異なる場合がございます。

L05Ehako2

発売間近!Optimus it L-05E フォトレビュー

進化したスマートフォン Optimus it L-05E 前作との比較

以上二つの記事をお届けしました。

今回のOptimus itは、前作であるL-05Dの良さを踏襲しつつも新しい基準で戦っていけるスマートフォンとなっています。
私が注目した所は、比較レビューでもお伝えしたが外観の変化。
どれだけ内部スペックが素晴らしくても、外観がとてもダサい、安っぽい外観では、どうしてもガッカリとした印象を受けてしまいます。前作はそんな印象を受けていたのだが、今作では全くそんな事を感じず、むしろ高級感すら感じてしまう程の完成度になっています。
独自機能も多く搭載し、QスライドアプリやQメモなど、Optimusシリーズには欠かせない要素もしっかりと搭載した端末となっています。

昨今スマートフォンの巨大化が顕著に表れ、「ファブレット」(Phblet = Phone + Tablet)という造語まで出来ているこの世の中で、約4.5インチというこの端末はかなり異色ではあるが、そこが素晴らしい。過去のスマートフォンでこれほどのサイズでこれほどのスペックを実現している端末は少なく、少なからずある「コンパクトなスマートフォン」を求めるニーズを満たしている製品と言えるでしょう。

・まとめ
細部にわたって妥協の無い製品作りがされており、この夏のスマートフォンの中でベスト3には確実に入る事の出来るスマートフォンだと確信しています。
このサイズ帯の需要は日本ではかなりあると思うのですが、どうしても最近は大きい物しか選択肢の無い状況が続いています。
(そもそもiPhoneがあるからと言って、4機種しか出さないのは色々まずいでしょう…)
そんな需要に応えるスマートフォン、Optimus it。
これからも、LGさんのitシリーズの生産は続けて欲しい物ですね。

AppComing様、今回は本当にありがとうございました!



関連するタグ Android docomo LG電子 AppComing L-05E Optimusit
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

進化したスマートフォン Optimus it L-05E 前作との比較

2013.06.23 Sun

こんにちは、whyです。
今回は「AppComing」様よりお借りしているOptimus it L-05Eを、前作Optimus it
L-05Dをモニターレビューされていただいた際に気になった点、そして感じた進化について記事を書かせて頂きます。
今回お借りしたのは評価機であり、製品版とは一部仕様が異なる場合がございます。

・安っぽさの脱却、所持欲が満たされる端末へ
前回の記事にも書いた事ではありますが、前作と比べて確実に安っぽさが無くなっています。前回は背面がただのプラスチックであり、ツルツルとした手触りが安っぽさをどうしても醸し出してしまっていましたが、今回はマットな質感へと変更されており、持った感覚がとても気持ちいいです。
前面下部のAndroidシステムボタンも、同じ静電気式なものの、プラスチックに印刷されただけであった前作から、でこぼことした窪みの背景に光沢のある銀色のボタンが配置されており、高級感すら抱かせるデザインとなっております。
また背面カバーも脱安っぽさの影響でスタイリッシュになっており、カバーを開けた時の事も考えれており、妥協を感じません。

・使い心地の良いトグル、最新機能も

Screenshot_2013-06-23-00-19-41

トグルにも進化を感じる事が出来ます。
Optimus G Pro L-04Eより搭載されている「Qスライド」もしっかり搭載されており、トグルから一発で起動する事が可能なので、それ以前に何をしていても起動する事が出来ます。
また最下部では明度の変更も可能となっており、トグルから画面の明るさの変更が可能です。
最上部は各種設定のON/OFFが変更でき、更には項目の編集も可能になっているので、よくON/OFFを変更する項目だけを表示させる事も可能です。

Screenshot_2013-06-23-00-35-10

Screenshot_2013-06-23-00-35-15

最上部はこれだけ多くの項目が使える事になっており、気になる機能は何でも変更可能、という印象を受けます。
「Wi-Fi」「Bluetooth」「テザリング」と言ったお馴染みの機能から、「Qスライド」「Qメモ」
等の独自機能、「Miracast」「スマートスクリーン」等の最新技術まで追加できるようになっており、痒いところに手が届くラインナップになっていいるのではないでしょうか?

・増えた「全部入り」、世界基準規格を多く搭載
前作Optimus it L-05Dも「全部入り」スマートフォンとして発売されましたが、あれからまた時代は進化し、同じ「全部入り」スマートフォンであるL-05Eでも多くのハードウェア進化を遂げています。
L-05Dでも対応していた「ワンセグ」に加え、新たに「NOTTV」にも対応。L-05D時代には少なかったコンテンツも、どんどん充実していっています。
また、おサイフケータイも進化。前作はFelicaを用いた決済のみに対応していた所を、今作ではNFCの決済にも対応しており、海外旅行へ行った時でも十分に使える端末になっています。
「おくだけ充電」にも対応しました。国際規格Qiに準拠したワイヤレス充電を実現しています。docomoからは「ワイヤレスチャージャー01」「ワイヤレスチャージャー02」が発売している他、6/27から「ワイヤレスチャージャー03」が発売されています。その他Qiに準拠した充電器ならどの製品でも使用可能であり、例えばmaxellから発売されている二台同時充電が可能な「WP-PD10.BK」でも充電する事が出来ます。
その他にも「ドコモドライブネット」「スマートフォンあんしん遠隔サポート」等、diocomoから提供されている最新サービスにも対応しています。
正に、最新の「全部入り」スマートフォンです。

・スペックも勿論進化、ミドルレンジからハイエンドに
スマートフォンのスペックは日進月歩、当然前作よりスペックは向上しています。
前作はdocomoのwithシリーズに位置づけされており、当時のスペックにはして少々落とした「ミドルレンジ」と呼ばれる部類でした。
今回は夏モデルの「ツートップ」には入っていないものの、そのスペックは十二分に「ハイエンド」と呼ばれるスペックを持っており、操作はとても快適になっています。
YouTubeアプリを立ち上げて動画を見ているだけで動作がカクつく事もなく、現状動作に関しては全く問題を感じていません。

・まとめ
前回はシステム面についてレビューすると言いましたが、AppComing様の特集記事に「進化も含めたレビューに期待している」という言葉を見て、このような形でお送りさせて頂きました。
私が感動したのは、Qiを用いたおくだけ充電に対応した事。
前作のキャップレスにはとても感動しましたが、水に濡らした後、拭き取っただけでは端子部に水が残っており、自然乾燥するまで端子にmicroUSBケーブルを刺す事は出来ませんでした。ですが、おくだけ充電に対応した事により、端子部を使う事無く充電出来るのでそんな心配も無くなった事が私の中で最も素晴らしいと感じました。



関連するタグ Android docomo LG電子 AppComing L-05E Optimusit
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

発売間近!Optimus it L-05E フォトレビュー

2013.06.21 Fri

L05Ehako2

今回、AppComing(@AppComing )様のご厚意でOptimus it (L-05E)の評価機を貸して頂きましたので、発売間近のフォトレビューをお送りしたいと思います。
今回お借りしたのは評価機であり、製品版とは一部仕様が異なる場合がございます。

 

L05Ehako4

まず感じるのが、化粧箱の小ささ。
Lumia920(130.3×70.8×10.7 mm)の一回り大きいぐらいのサイズで、本当にコンパクトです。少し前の端末ではそんな事はなかったと記憶していますが…コンパクトな端末を意識しての事かもしれませんが、実に良いです。

 

L05Ehako3

横に箱を開けると、端末が早速お目見えです。
コンパクトな箱なので、内容物は重なりあっており、一つずつ取り出さなければ最終的に全て取り出せない構造になっています。
(どうでもいいかもしれませんが、一番上の端末はもっと透明度の高い袋でも良かったのかなぁとは思いますね(;・∀・))

 

L05Enakami

内容物としては、「本体」「電池パック」「背面カバー」「取扱説明書」「保証書」のみとなります。かなり内容品としてはシンプルな部類に入ると思いますが、これも最近のdocomoによくある事ではありますね。

L05Efront

という訳で本体お目見えです!
以前にも前作Optimus it (L-05D)もAppComing様よりお借りしましたが、改めて端末を見て気づくのがその質感。
前作では少し不評だった安っぽいイメージは完全にぬぐい去り、所有欲を十分に満たしてくれる質感となっております。
各種ボタン部もただのセンサーでは無く窪みが入っており、デザイン面においては妥協が感じられません。

L05Eback

裏面もマットな質感で落ち着きがあり、前作のプラスチックな質感とは完全に別物と化しております。
シールにも貼ってありますが、防水・おくだけ充電(Qi)・おサイフケータイ(Felica・NFC)に対応している「全部入り」スマートフォンとなっています。

L05Enotcover

リアカバーを外した所。本体がコンパクトな影響か、内部も全体的にコンパクトに仕上がっています。
L-05Eは電池の取り外しが可能な端末であり、最近の取り外し不可の端末よりかはその分優れていると言えます。

L05Eslot

コンパクトに、という努力はSIMスロット・microSDスロット部分からも伺えます。
二つのスロットが重なり合って配置されており、省スペースに役立っております。

L05Eup

L05Edown

端末の上部と底部です。
前作同様、キャップレス防水を実現しており、カバーのへたりを気にする必要は完全になくなっています。
電源ボタンが上部に来ていますが、端末自体がコンパクトな為かそれほど推しづらさを感じる事もなく、快適に使う事が出来ます。

 

・まとめ
何の縁か分かりませんが、AppComing様からのレンタル品はまたOptimus itと相成りました(^∀^)。
前作と比較してかなりの進歩を遂げており、大好評にだった前回以上のポテンシャルを秘めている製品だと実感しました。
これから一週間ちょっとお借りする事になりますが、次回はシステム面でのレビューをお届けしたいと思います。



関連するタグ Android LG電子 AppComing Optimusit L-05E
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

何か一台端末を買おうと思う

2012.10.31 Wed
先日、QWERTY配列のスマートフォンが気になるというエントリをあげたのだけど、やはり他の端末も気になる。

自分の持論としてスマートフォンはメーカーの提供される物に従って遊ぶ物であり、root権限取得やJailBreak等はあまり気が進まなかった。
だが最近Androidを触っていて、やはりrootを取ってカスタムROMを焼いたりするのも楽しみの一つなのかなと思い出している。
それで何かroot権限を取ろうかとしたのだけれど。自分の持っている端末はメインであるGALAXY NEXUSを除いくとMEDIASやDIGNO等の国産端末ばかりで、root化の方法が確立されていない機種が多かったりする。

なので何か端末を買おうかと思うのだけど、それには二つ選択肢がある。

1.メイン端末をGALAXY NEXUSから切り替える

もう既に半年ほど使っているGALAXY NEXUS(以下、GNEXUS)も中々飽きている事もあって、新たに端末を購入してメイン機を切り替えるのもアリかと思っている。
とはいえ周知の通りGNEXUSはFOMA契約で、丁度Xiへの変遷期に出た事もあってGNEXUS以降FOMAでめぼしい機種はあまり覚えがない。
となるとそこまでメリットは無いのかな、と。


2.安い白ロムを購入する
本命はこっち。
以前のモデルを中古or新古品で購入して、それをそのままいじり倒す。
最近なにかと話題の「ふらっとたわー♪」さんにてすくすくさんが公開している安価白ロムシリーズを参考にしながら、どうしたものかと考えている。

すくすく | ふらっとたわー♪

じゃんばら等の白ロムを取り扱っているサイトで買うもよし、ISW11Kのように知り合いのガジェオタの皆さんから購入するもよし。
とりあえずICS系カスタムROMは入れたい所なので、その程度のスペックは必要。
でも出来るだけ安価に…と考えると、こちらも難しい所ではある。
だけどこちらの方が現実味がある事は確かなので、こちらの方向で探していきたい。


・まとめ
という訳で、皆さんの中で『予算5000円~7000円程度』で『発売時Android 2.3系がプリインストールされていた』Andorid端末をお譲りして頂ける方がいらっしゃいましたら、一声Twitterで@why_waita までかけて頂けると幸いです。


関連するタグ Android 白ロム
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。