FC2ブログ

RSS|archives|admin

GalaxyTabをPCのセカンドモニターとして使う

2012.08.13 Mon
PadやAndroidタブレットをPCのセカンドモニターとして使う方法 : ライフハッカー[日本版]

我が家に来た最初のAndroidは初代GalaxyTabの白ロムをヤフオクにて落札したものでしたが、MEDIAS TABが我が家に来て以降はAndroidアプリの「Mobile AP」を利用し、docomoスマートフォンがテザリングを解禁する前の端末でテザリングを使用していました。(FOMAのSIMで定額の料金のままテザリングが出来ますので、前回のエントリで作ったFOMASIMを刺して大容量電池のモバイルルータとして利用可能です)
ですがiPhone4sSIMフリーが来た事により、ルータとしてもお役ご免になり、しばらくの間放置されていました。
しかし貧乏性の私としては、折角買ったのに役目が無いのは勿体ない、という事で何か無いかと探してみた所、上記の記事を発見したので、これならまだ活路があると思いやってみました。


・アプリをインストール
今回はAndroidアプリ&Windowsソフト&iPadアプリの「Komado」を利用してみました。

Komado公式サイトでWindowsPCからWindows用のソフトを、GooglePlayからGalaxyTabでAndroidアプリをインストールします。
必要スペックがXP SP3以降、Android 1.6以降なのは対応機種が多くて嬉しいですよね。…今Android 1.6を利用しているのが日本で何人居るのかは置いておいて。



・設定、そして利用してみる
まずは両方の端末から設定です。




Windowsの設定はこんな感じ。
GalaxyTabはディスプレイの右側あたりにあるので右側に置いてありますが、レイアウトはドラッグ&ドロップで変更可能です。
解像度はGalaxyTabのにしっかりあわせてありますよ。ここが違うと出力される画面が小さく、Androidに表示される画面が小さくなります。


続いてAndroid(GalaxyTab)側。



実はまだAndroidマーケットという珍品である。
DLして起動します。



起動直後でこの画面が出ます。上記で既にWindows側のKomadoは起動していたので、このままタップ。



検索中。本来ならこのまま接続されるのですが、自分の環境ではパソコンを発見できませんでした。
恐らくWindows側のバージョンとAndroid側のバージョンが合ってないせいなのですが(Windows側の方が古い)、最初はそこに気づかず公式サイトを確認していると、ポート関連の話があがっておりました。

Komado -操作説明-
最後の”パソコンの設定について”です。

まさかそこか、と思いいつも使っているルータの設定よりポート開放した所、接続に成功しました。


(しっかり下で怒られてますね…反省)

画面は自分のパソコンのデスクトップの左上が表示されますが、接続は先ほど設定した通り左側に位置されてます。
こうして接続は完了しました。

ちなみにこんな感じで利用しています。


(PC周りが汚いのは利便性を重視してるからで云々)



・まとめ
結論から言えば…及第点、と言った所でしょうか。
まず、遅延&カクカク接続になっています。後ほどMEDIAS TABでも試してみましたが、同様にカクカクしていたので、スペックの問題ではないようです。
動画は音声だけ通常通り、映像は1FPSも出ていないぐらい(体感)ですので使い物になりません。
Twitterクライアントやメモ代わりのブラウザ表示なら十分実用に耐えるレベルではないかと。
特にTwitterクライアントはAndroidのバージョンがまずICSに対応しない機種ではタブレット専用バージョンであるAndroid3.xのアプリが使えないので、複数カラムなども利用できて便利かもしれません。
今後はその方向で利用していこうかと思います。







スポンサーサイト



関連するタグ Android SamSung GalaxyTab app
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ATOK for Androidを購入した

2012.08.09 Thu
長い間Androidの入力には「simeji」を使ってきたのだけれど、知人がVisaの新サービス「Vプリカ」を試したいが買う物がない、なんて言い出したので初めてGooglePlayで有料アプリを購入してみました。

ATOK (日本語入力システム) - Google Play の Android アプリ

ATOKはPC版は既に利用していて、その性能の良さは十分に理解しているのですが今まで購入にするに至りませんでした。
つい先ほど入れたばかりですので、まだどのような感じなのか、すごく楽しみです。

・ATOK初期設定

インストールが完了したあと、アプリを起動するとこのような画面が出ます。



さあついに買ったぞ、使い倒してやる!
…と思うのですが、実はこの画面ではほとんど何も出来ません。というか初期設定でかなりできあがってるので、ほとんど変更する必要がありません。
設定が必要なのは端末の方です。こちらは設定しないと折角のATOKが無意味になるので、しっかり設定しておきましょう。




「設定」→「言語と入力」からこのページに飛び、ATOKにチェックを入れます。
この画面でチェックが入っているIMEが言語入力で変更できるIMEとなります。
この後、入力方法をATOKに変更することで利用可能になります。(入力方法の変更はAndroidのバージョンによって大きく変わるのでここでは割愛します)

入力方法を変更したら、既にATOK使用可能になっています。
試しにSPモードメールの新規メールをタップしてみました。



まごう事なきATOKの入力画面です。(設定で入力をフリックに変更していますが)

こうして、ATOKの初期設定は完了します。

・まとめ

こうして自分の中で初めての有料GooglePlayアプリはATOKとなった訳ですが、Vプリカの残高はまだ1500円余っています。(管理は知人ですが)
残りは今まで無料版で使ってきて、払う価値ありと思ったアプリを有料版にしていこうかと思っています。
第一候補はホームランチャーアプリでしょうか?でもフォルダ機能が使えなかったりするので少し迷っていますが。

(画面のスクリーンキャプチャでサイズがバラバラになっていますが、今後は改善します。申し訳ありません)






関連するタグ Android app GalaxyNexus
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |