FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Optimus it L-05Eを返却した! 個人的なまとめ

2013.07.01 Mon

AppComing様よりお借りしていたOptimus it L-05Eを返却したので、まとめエントリーを書かせて頂きます。
今回お借りしたのは評価機であり、製品版とは一部仕様が異なる場合がございます。

L05Ehako2

発売間近!Optimus it L-05E フォトレビュー

進化したスマートフォン Optimus it L-05E 前作との比較

以上二つの記事をお届けしました。

今回のOptimus itは、前作であるL-05Dの良さを踏襲しつつも新しい基準で戦っていけるスマートフォンとなっています。
私が注目した所は、比較レビューでもお伝えしたが外観の変化。
どれだけ内部スペックが素晴らしくても、外観がとてもダサい、安っぽい外観では、どうしてもガッカリとした印象を受けてしまいます。前作はそんな印象を受けていたのだが、今作では全くそんな事を感じず、むしろ高級感すら感じてしまう程の完成度になっています。
独自機能も多く搭載し、QスライドアプリやQメモなど、Optimusシリーズには欠かせない要素もしっかりと搭載した端末となっています。

昨今スマートフォンの巨大化が顕著に表れ、「ファブレット」(Phblet = Phone + Tablet)という造語まで出来ているこの世の中で、約4.5インチというこの端末はかなり異色ではあるが、そこが素晴らしい。過去のスマートフォンでこれほどのサイズでこれほどのスペックを実現している端末は少なく、少なからずある「コンパクトなスマートフォン」を求めるニーズを満たしている製品と言えるでしょう。

・まとめ
細部にわたって妥協の無い製品作りがされており、この夏のスマートフォンの中でベスト3には確実に入る事の出来るスマートフォンだと確信しています。
このサイズ帯の需要は日本ではかなりあると思うのですが、どうしても最近は大きい物しか選択肢の無い状況が続いています。
(そもそもiPhoneがあるからと言って、4機種しか出さないのは色々まずいでしょう…)
そんな需要に応えるスマートフォン、Optimus it。
これからも、LGさんのitシリーズの生産は続けて欲しい物ですね。

AppComing様、今回は本当にありがとうございました!



スポンサーサイト
関連するタグ Android docomo LG電子 AppComing L-05E Optimusit
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

進化したスマートフォン Optimus it L-05E 前作との比較

2013.06.23 Sun

こんにちは、whyです。
今回は「AppComing」様よりお借りしているOptimus it L-05Eを、前作Optimus it
L-05Dをモニターレビューされていただいた際に気になった点、そして感じた進化について記事を書かせて頂きます。
今回お借りしたのは評価機であり、製品版とは一部仕様が異なる場合がございます。

・安っぽさの脱却、所持欲が満たされる端末へ
前回の記事にも書いた事ではありますが、前作と比べて確実に安っぽさが無くなっています。前回は背面がただのプラスチックであり、ツルツルとした手触りが安っぽさをどうしても醸し出してしまっていましたが、今回はマットな質感へと変更されており、持った感覚がとても気持ちいいです。
前面下部のAndroidシステムボタンも、同じ静電気式なものの、プラスチックに印刷されただけであった前作から、でこぼことした窪みの背景に光沢のある銀色のボタンが配置されており、高級感すら抱かせるデザインとなっております。
また背面カバーも脱安っぽさの影響でスタイリッシュになっており、カバーを開けた時の事も考えれており、妥協を感じません。

・使い心地の良いトグル、最新機能も

Screenshot_2013-06-23-00-19-41

トグルにも進化を感じる事が出来ます。
Optimus G Pro L-04Eより搭載されている「Qスライド」もしっかり搭載されており、トグルから一発で起動する事が可能なので、それ以前に何をしていても起動する事が出来ます。
また最下部では明度の変更も可能となっており、トグルから画面の明るさの変更が可能です。
最上部は各種設定のON/OFFが変更でき、更には項目の編集も可能になっているので、よくON/OFFを変更する項目だけを表示させる事も可能です。

Screenshot_2013-06-23-00-35-10

Screenshot_2013-06-23-00-35-15

最上部はこれだけ多くの項目が使える事になっており、気になる機能は何でも変更可能、という印象を受けます。
「Wi-Fi」「Bluetooth」「テザリング」と言ったお馴染みの機能から、「Qスライド」「Qメモ」
等の独自機能、「Miracast」「スマートスクリーン」等の最新技術まで追加できるようになっており、痒いところに手が届くラインナップになっていいるのではないでしょうか?

・増えた「全部入り」、世界基準規格を多く搭載
前作Optimus it L-05Dも「全部入り」スマートフォンとして発売されましたが、あれからまた時代は進化し、同じ「全部入り」スマートフォンであるL-05Eでも多くのハードウェア進化を遂げています。
L-05Dでも対応していた「ワンセグ」に加え、新たに「NOTTV」にも対応。L-05D時代には少なかったコンテンツも、どんどん充実していっています。
また、おサイフケータイも進化。前作はFelicaを用いた決済のみに対応していた所を、今作ではNFCの決済にも対応しており、海外旅行へ行った時でも十分に使える端末になっています。
「おくだけ充電」にも対応しました。国際規格Qiに準拠したワイヤレス充電を実現しています。docomoからは「ワイヤレスチャージャー01」「ワイヤレスチャージャー02」が発売している他、6/27から「ワイヤレスチャージャー03」が発売されています。その他Qiに準拠した充電器ならどの製品でも使用可能であり、例えばmaxellから発売されている二台同時充電が可能な「WP-PD10.BK」でも充電する事が出来ます。
その他にも「ドコモドライブネット」「スマートフォンあんしん遠隔サポート」等、diocomoから提供されている最新サービスにも対応しています。
正に、最新の「全部入り」スマートフォンです。

・スペックも勿論進化、ミドルレンジからハイエンドに
スマートフォンのスペックは日進月歩、当然前作よりスペックは向上しています。
前作はdocomoのwithシリーズに位置づけされており、当時のスペックにはして少々落とした「ミドルレンジ」と呼ばれる部類でした。
今回は夏モデルの「ツートップ」には入っていないものの、そのスペックは十二分に「ハイエンド」と呼ばれるスペックを持っており、操作はとても快適になっています。
YouTubeアプリを立ち上げて動画を見ているだけで動作がカクつく事もなく、現状動作に関しては全く問題を感じていません。

・まとめ
前回はシステム面についてレビューすると言いましたが、AppComing様の特集記事に「進化も含めたレビューに期待している」という言葉を見て、このような形でお送りさせて頂きました。
私が感動したのは、Qiを用いたおくだけ充電に対応した事。
前作のキャップレスにはとても感動しましたが、水に濡らした後、拭き取っただけでは端子部に水が残っており、自然乾燥するまで端子にmicroUSBケーブルを刺す事は出来ませんでした。ですが、おくだけ充電に対応した事により、端子部を使う事無く充電出来るのでそんな心配も無くなった事が私の中で最も素晴らしいと感じました。



関連するタグ Android docomo LG電子 AppComing L-05E Optimusit
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

発売間近!Optimus it L-05E フォトレビュー

2013.06.21 Fri

L05Ehako2

今回、AppComing(@AppComing )様のご厚意でOptimus it (L-05E)の評価機を貸して頂きましたので、発売間近のフォトレビューをお送りしたいと思います。
今回お借りしたのは評価機であり、製品版とは一部仕様が異なる場合がございます。

 

L05Ehako4

まず感じるのが、化粧箱の小ささ。
Lumia920(130.3×70.8×10.7 mm)の一回り大きいぐらいのサイズで、本当にコンパクトです。少し前の端末ではそんな事はなかったと記憶していますが…コンパクトな端末を意識しての事かもしれませんが、実に良いです。

 

L05Ehako3

横に箱を開けると、端末が早速お目見えです。
コンパクトな箱なので、内容物は重なりあっており、一つずつ取り出さなければ最終的に全て取り出せない構造になっています。
(どうでもいいかもしれませんが、一番上の端末はもっと透明度の高い袋でも良かったのかなぁとは思いますね(;・∀・))

 

L05Enakami

内容物としては、「本体」「電池パック」「背面カバー」「取扱説明書」「保証書」のみとなります。かなり内容品としてはシンプルな部類に入ると思いますが、これも最近のdocomoによくある事ではありますね。

L05Efront

という訳で本体お目見えです!
以前にも前作Optimus it (L-05D)もAppComing様よりお借りしましたが、改めて端末を見て気づくのがその質感。
前作では少し不評だった安っぽいイメージは完全にぬぐい去り、所有欲を十分に満たしてくれる質感となっております。
各種ボタン部もただのセンサーでは無く窪みが入っており、デザイン面においては妥協が感じられません。

L05Eback

裏面もマットな質感で落ち着きがあり、前作のプラスチックな質感とは完全に別物と化しております。
シールにも貼ってありますが、防水・おくだけ充電(Qi)・おサイフケータイ(Felica・NFC)に対応している「全部入り」スマートフォンとなっています。

L05Enotcover

リアカバーを外した所。本体がコンパクトな影響か、内部も全体的にコンパクトに仕上がっています。
L-05Eは電池の取り外しが可能な端末であり、最近の取り外し不可の端末よりかはその分優れていると言えます。

L05Eslot

コンパクトに、という努力はSIMスロット・microSDスロット部分からも伺えます。
二つのスロットが重なり合って配置されており、省スペースに役立っております。

L05Eup

L05Edown

端末の上部と底部です。
前作同様、キャップレス防水を実現しており、カバーのへたりを気にする必要は完全になくなっています。
電源ボタンが上部に来ていますが、端末自体がコンパクトな為かそれほど推しづらさを感じる事もなく、快適に使う事が出来ます。

 

・まとめ
何の縁か分かりませんが、AppComing様からのレンタル品はまたOptimus itと相成りました(^∀^)。
前作と比較してかなりの進歩を遂げており、大好評にだった前回以上のポテンシャルを秘めている製品だと実感しました。
これから一週間ちょっとお借りする事になりますが、次回はシステム面でのレビューをお届けしたいと思います。



関連するタグ Android LG電子 AppComing Optimusit L-05E
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Optimus it L-05D まとめ

2012.09.14 Fri
世の中はiPhone5で盛り上がっていますね。
自分も新規で買っちゃおうかな~とか思いましたが、4SのSIMフリー版があるのでスルーを決め込みました。
維持費ははいじんあんどしぃーくのともっさん辺りがまとめてくれるのを期待したいです。
(とか言ってたら執筆途中でauiPhone5の維持費計算エントリが上がったのでご紹介しておきます(;・∀・)
「はいじんあんどしぃーく : au iPhone5の維持費を計算してみました!」


それはされおき、@AppComing様からお借りしていたOptimus itを返却しました。
長い間お借りしたまとめ記事を書き上げたいと思います。

・過去記事

Optimus it L-05Dをお借りした。ファーストインプレッション

Optimus it L-05Dを二日使ってみて

Optimus itの防水性能 9/8追記

物珍しさから防水性能を特に取り上げてみましたが、どうだったでしょうか?
記事中でも書きましたが、microUSBのキャップレス防水というのは珍しい物であり、これから普及して欲しい技術だと思います。
ふと思った事ですが、この止水構造をモバイルブースターとmicroUSBケーブルに使用して雨の中でも安心して外部充電出来る環境を作ってくれるメーカー様はいらっしゃらないんでしょうか?
個人的には需要も無いとは思うのですが…雪国住まいの発想なのかな(;・∀・)


・まとめ

長い間お借りしましたが、ほとんどの面において不満の少なかった製品と言えます。
使っていて僅かに気になったのが電池の減りの早さでしたが、商用版では標準で電池パック二個&バッテリーチャージャーが同梱されていますので、全くストレスは感じないと思います。
あえて取り上げはしませんでしたが、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線、しゃべってコンシェル等の日本向けの機能を整っていてどんなユーザーでも対応しきる端末だと思います。
(NFCはまだ日本では…って事で勘弁してあげてください。夏モデルでは対応少なかったし、日本で使うならFelicaあれば十分だと思っています)

素晴らしい端末をお借りさせて頂いたAppComing様、本当にありがとうございました!



関連するタグ Android docomo AppComing LG電子 Optimusit
Category:携帯電話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

LG smart worldとは?L-05Dにて確認!

2012.09.06 Thu
皆さんは、「LG smart world」というサービスをご存じだろうか?
恥ずかしながら、私はOptimus itを触るまでこのサービスの存在を知らなかった。ので今回は初めて触ってみた(・∀・)
@AppComing 様よりお借りしているOptimus itのプリインストールアプリとしてインストールされていたLG smart worldアプリをつい先日初めて起動してみた。


・起動まで
ちょっと画像多めです。

標準ホームの所に輝くLGのアイコン。
ではタップしてみると…



どうせフラット契約です。どうぞどうぞ!



お借りしているのは商用版以前のビルドの為、こういったアップデートがいくつかあったりします。
これも気にせずOK。



そしてアップデートパッチをダウンロード。LTE回線ですが、地味に時間がかかります。(といってもすぐなんですが)



ダウンロードが終了後、プリインストールアプリにしては珍しい表示が出ました。
本来AndroidアプリはGooglePlay(旧称:Androidマーケット)のみからダウンロード出来る設定になっており、その他のサイトからはアプリ(正確にはapkファイル)はダウンロード出来ないようになっています。
(これをONにするとGooglePlayの審査に通っていない、通称野良アプリのダウンロードを許可する事を意味します。詐欺リンクなどで勝手に違法(請求)アプリをダウンロードしないように本来はOFFになっています)
メーカーアプリ等の公式アプリの類でこの設定をONにするよう推奨するのは初めて見たので、少々面食らいました。



セキュリティの画面が開きますので、提供元不明のアプリにチェック。
いやこれ、意味分かる方ならいいですけど、何も分からずチェックしてる方とか居そうなもんだけど…大丈夫なのかな?

ここで、自分はホームボタンを押してしまいました…ここから迷いの日々です。
※画像は使い回しです。あくまでイメージとしてご覧ください。



さて、もう一度LGアイコンをタップして…Androidはマルチタスクなので、終了しない限り情報が維持されるはずです。なので先ほどの所から出来るはず…そう思っておりました。


…ん?


…んん!?


な、なんだってー(AA略


…と、いう事で。
今回のLG smart worldアプリ。一度でも「キャンセル」や「戻る」などを選択すると、『何度でも最初からになり、アプリケーションダウンロードも繰り返される』のです。
この仕様によって、私自身3回ほどダウンロードを繰り返しました。ダウンロードプロセスを踏むとしても、既にダウンロードしているのですから一瞬で終わってくれるとありがたいのに…

では続きを。

「え、システムアプリケーション?なにそれ?結構怖い日本語だよ!?」
となってキャンセルを押すと上記のようにやり直しとなります。気にせずOKを押しましょう。



ようやく起動しました(;・∀・)
ここまで長かった…



・アプリの内容
いくつかタブがあるようなので、スクリーンショットを一気に。





どうやら、LG電子製のGooglePlayのようです。
アプリを適当に一つ選択してみると。

LG製品に搭載されてるLGキーボードですね。
プリインストール版と何か違うんでしょうか…?(ATOKを利用しているので検証不可です、ごめんなさい)
その他にも多くのアプリがあるのですが、ほとんどがGooglePlayにもあるアプリでした。



・まとめ
LG smart worldとは、LG電子製GooglePlayでした。
といっても、映像はKARA等のKPOPと呼ばれる方々の動画が数点ある程度、アプリもそれほど多いとは思えません。
類似サービスといえばauのスマートパスが近い物を感じます。
ですがスマートパスとは違いLG電子製のスマートフォンには標準搭載されているからか、auスマートパスほどのの魅力は感じません…。
メーカーアプリと言えば、こんな物なのですかね(;・∀・)
LG smart world 日本語(PC版)はこちら



関連するタグ Android docomo AppComing LG電子 Optimusit
Category:webサービス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。